角替和枝一覧

【角替和枝】に関するニュースを集めたページです。

柄本明と入来
柄本時生が離婚 元妻・入来茉里も感じていた?“すごすぎる俳優一家”のプレッシャー
 2020年2月に結婚した俳優・柄本時生(32才)と女優・入来茉里(32)が、離婚していたことが判明。入来はInstagramで「友達12年、夫婦2年間。そして、友達13年目が再スタートしました」と綴り、結婚生活がおよそ2年で終焉を迎えたことを認めた。「柄本と入来は2008年にドラマで共演。2009年に再共演したのがきっかけで親しくなり、10年以上友人関係が続いていたものの、2019年の秋に柄本が突然プロポーズし、入来がOKしたため、“交際0日婚”として話題になりました。 柄本は結婚当初、バラエティ番組などでデレデレぶりを披露し、夫婦生活は円満だと見られていましたが、ここ最近は入来がSNSで愚痴をこぼすことも。柄本は結婚後、コロナ禍でもまったく仕事が途切れることはなく、すれ違い状態だったようです」(芸能記者) 離婚に際して入来はInstagramに、サングラスをかけた写真を投稿。彼女の背後では、お揃いのサングラスをかけた柄本が木陰からひょっこりと顔を出しており、円満離婚であることがうかがわれるが、長く続いた友人関係から結婚した2人はなぜスピード離婚することになったのか。その一因として指摘されているのが、豪華過ぎる柄本ファミリーへの気兼ねだ。「柄本時生は、俳優の柄本明と角替和枝さん夫妻の次男として生まれ、兄の佑も売れっ子の俳優。佑の妻は安藤サクラで、彼女の両親までたどれば奥田瑛二と安藤和津も親戚です。時生も義姉のサクラとは共演していますし、奥田家とも交友があって、『徹子の部屋』(テレビ朝日系)では奥田家とのエピソードを語っており、周囲は俳優だらけです。 それ故なのか、俳優にかける思いは並々ならぬものがあり、父の明から演技についてダメ出しのメールが送られてくることもあるとのこと。また、今年1月に入来がInstagramに投稿した内容は“主人の舞台稽古が休みでお茶に来たのに、ずっとセリフをブツブツと呟いている”というもので、“家庭より仕事”という生活だったようです。 もともと入来は『ホリプロスカウトキャラバン』がきっかけで芸能界入りした経歴の持ち主ですが、女優として伸び悩む一方、夫は各方面から引っ張りだこ。『家族が有名人ばかりで肩身が狭い』とこぼしていたと報じられています。時生と佑は大変仲が良く、互いに『大好き』と公言しており、佑とサクラの仲良しぶりも世に知られるところ。そんな家族関係の中で、入来がどこか相手家族との距離感に悩んでいた可能性はあるでしょう」(芸能関係者) 夫婦から再び友達に戻ったことで、そうしたプレッシャーから解き放たれた入来。女優としても巻き返すことができるか――。 
2022.06.07 16:00
NEWSポストセブン
柄本明と入来
柄本時生が離婚、元妻・入来茉里がインスタで明かしていた旦那への「不満」
 “0日婚”で話題となった俳優の柄本時生(32才)と女優の入来茉里(32才)が離婚していたことを文春オンラインが報じ、事務所もそれを認めて大きな話題となった。バラエティ番組やSNSなどで円満な夫婦生活を見せていた2人。2020年2月の入籍からわずか2年間でスピード離婚に至った。「2人は18才だった2008年にドラマで共演して以降、友人として親しく交流していたそうですが、ある日、柄本さんは、自宅に遊びに来て食事を作ってくれていた入来さんを手伝いながら、唐突に『結婚する?』と告白したのだそう。本人は半分冗談だったそうですが、返事はOKで“0日婚”となったそうです。 一方の入来さんも、それまで柄本さんに対して恋愛感情はなく、手をつないだことすらなかったのに、『ああ、いいよって言っちゃった。すごく仲が良かったし人柄が良いのはすごくわかっていたので、信頼できるし、一緒に家庭を築くのはありかも。(相手のことを)これから知っていくのが楽しいんですよ』と、OKした理由をテレビ番組で語っていました」(テレビディレクター) 柄本といえば、言わずと知れた名優の父・柄本明と、亡き女優の角替和枝さん(享年64)の次男で、兄は柄本佑。さらに奥田瑛二と安藤和津の娘、安藤サクラが兄嫁という芸能ファミリー。一方の入来も女優として多数のドラマや映画に出演しており、錚々たる芸能一族に名を連ねることになった。ただ、結婚後は新型コロナウイルスの影響で女優業が減り、代わって新婚生活についてトークを繰り広げるバラエティ番組への出演など、タレント的な活動が増えていた。「バラエティ番組などでは夫への不満をぶちまけたりもしていましたが、それはサービストークだったと思います。SNSでは柄本さんとのほのぼのした幸せそうな写真などもアップしていましたし。 ただ、昨年の後半あたりからちょっとずつ夫婦間のすれ違いが増えていったのかな……寝室の冷房の設定や、柄本さんの帰宅時間が遅いことをぼやいたり、少し寂しそうにも見えました。女優としてもっと頑張りたいという思いがありつつ、子育て願望もあったようなので、いろいろと悩んでいるようでした」(入来の知人) 一方で柄本はコロナ以降も俳優仕事は途切れず、2021年には出演映画3本が公開され、地上波テレビドラマは春から秋まで3クール連続レギュラー出演のほか、WEBドラマや舞台出演が続くなど売れっ子ぶりをみせている。「柄本さんは”仕事第一”の人。オファーは断らず、来た仕事はどんどん受けるというスタンスです。さらに大のゲーム好きでも知られ、自身のインスタグラムでプレイ動画をひんぱんに公開するほど。入来さんは昨春頃からゴルフにハマりはじめ、趣味も生活のリズムも合わなくなっていました」(前出・テレビディレクター) 夫婦のすれ違いの日々は続いていたようだ。入来は今年1月20日にはインスタグラムに久しぶりに夫のことに触れたが、その内容は〈日々、舞台稽古で大量の台詞に向き合っている主人の稽古休み。お茶に来てみたけれど。ずーっとずーっと1人で台詞をぶつぶつ。まぁいいか。私は本でも読もう。私が今日 主人から貰った物を身につけている事は気づいているだろうか。少し前に、前髪を切ったことには気づいているだろうか。アイシャドウもリップも新しいんですよー。まぁ、気づいてないんだろうなぁ。笑〉と、自分に無関心な様子を寂しそうにつづり、ハッシュタグで「#小言」と記していた。 コロナ禍で延期となったままだった結婚式。入来は結婚から1年経った昨年3月のインスタグラムでは、咲き始めた桜の写真をアップして「急いでいたけど、私が立ち止まって写真を撮る間、何も言わずに待っていてくれる優しい主人、でした」とノロケていたが、結局、式をあげないままで結婚生活にピリオドが打たれたようだ──。
2022.05.02 06:00
NEWSポストセブン
安藤サクラ 義母・角替さんの闘病を朝ドラ現場では知らせず
安藤サクラ 義母・角替さんの闘病を朝ドラ現場では知らせず
 10月27日早朝、女優の角替和枝さんが都内の自宅で亡くなった。死因は「原発不明がん」。64才だった。 角替さんは高校卒業後に女優を目指して静岡県から上京し、つかこうへい事務所を経て、柄本明(69才)が主宰する「劇団東京乾電池」に所属。26才の時に柄本と結婚した。長男の柄本佑(31才)、次男の柄本時生(29才)も俳優として活躍する芸能一家で、佑の妻である安藤サクラ(32才)にとっては義母にあたる。 サクラがNHKから朝ドラ『まんぷく』のヒロイン役のオファーを受けたのは、角替さんのがん発覚の直後だったという。 今年1月末に行われた『まんぷく』ヒロイン発表会見の冒頭、サクラはいきなり大粒の涙を流した。いつもは明るく華やかな朝ドラ会見としては異例のことだった。 サクラは、「このお話をいただいてから、すごくたくさんのことを考えて、たくさんの時間を使って、悩んで、覚悟を決めてきました。まず一滴(涙が)こぼれましたが、後はずっと笑っていたいと思います」と続け、オファーを受けたタイミングが、昨春に娘を出産したばかりだったので「まさかできるはずないと自分の中で思っていた」と明かした。 そんな彼女の背中を押してくれたのが、両親であり、義父母だった。会見でサクラはこうも明かした。「義理の母には“あんた、これやらないんだったら、この仕事一生やめな”と言われて。(中略)ここに立っていることが何てありがたいことなんだろうって思って、ちょっと泣けてきました」 それほどサクラにとって、義母である角替さんの存在は大きかった。「オファーの段階で角替さんの病気がわかっていたから、サクラさんの中では、ますます主演を務めることへの迷いが出たようです。でも、角替さん自身が、彼女が演じる姿を見るのを楽しみにしていた。主演のオファーを受ける決断ができたのは、角替さんの後押しがあったからだと言っていました。ただ、角替さんに寂しい思いや心配をさせたくない、残された時間に少しでもお孫さんの成長を見てほしいと、撮影のない日はたびたび娘さんを抱いて角替さんの自宅へ“帰省”してました」(NHK関係者) 撮影は毎週、月曜日から金曜日まで。土曜日の朝に大阪を発って東京に帰り、子供を抱いて角替さんの自宅へ出向く。そして日曜日の夜に大阪へとんぼ返りする生活を続けた。「特にここ2~3週間は、金曜日の収録が終わると急いで帰り支度をし、夜のうちに東京に戻って夫の実家に直行していたそうです。その頃から急激に体調が悪化したんでしょう。ただ、サクラさんはつらそうな表情や悲しみをまったく表に出さなかったので、角替さんが闘病していたことを現場の人間は誰も知らなかった。訃報のニュースで知り、本当にびっくりしました」(前出・NHK関係者) 角替さんの死からわずか2日後の29日の月曜日、サクラはいつものように大阪での撮影に臨んだ。「義母の気持ちにこたえるためにも、ここで休んじゃいけない」。そんな覚悟があったのかもしれない。※女性セブン2018年11月15日号
2018.11.02 16:00
女性セブン
急逝した角替和枝さん、「うちのサクラ」と自慢していた
急逝した角替和枝さん、「うちのサクラ」と自慢していた
「毎週末欠かさず、サクラさんは1才の娘さんを抱いて柄本家に来てました。撮影で忙しいし、休日はお孫さんを預けて休みたいのかな、なんて思っていたんですが…。今思えば、残り少ない時間、お義母さんにお孫さんの顔を少しでも見せてあげたいという一心だったんでしょうね」(近隣住民) 10月27日早朝、女優の角替和枝さんが都内の自宅で亡くなった。まだ64才だった。 角替さんは高校卒業後に女優を目指して静岡県から上京し、つかこうへい事務所を経て、柄本明(69才)が主宰する「劇団東京乾電池」に所属。26才の時に柄本と結婚した。 長男の柄本佑(31才)、次男の柄本時生(29才)も俳優として活躍する芸能一家で、佑の妻である安藤サクラ(32才)にとっては義母にあたる。「昨年8月に受けた人間ドックで再検査となり、『原発不明がん』が見つかったそうです。治療できる状態ではなく、その後は自宅療養を続けていました。闘病中も講師を務める演劇教室に顔を出していて、仕事を休むようになったのは亡くなる3か月前。友人にもつらい姿を見せようとせず、明るく振る舞っていましたね」(芸能関係者) がん治療の発達が著しい昨今、発見からわずか1年で亡くなるのは早すぎる気がするが、角替さんの命を奪った「原発不明がん」とは何なのか。都島放射線科クリニックの呉隆進(おうゆうじん)院長が解説する。「通常のがんは、最初にがんができた『原発部位』の腫瘍が徐々に大きくなり、他の部位に転移します。しかしまれに、大きくならないうちに他の部位に転移してしまう場合がある。転移した先が骨だと腰が痛くなったり、腹膜だとお腹に水がたまります。そこで病院で検査を受けてがんが判明しますが、原発部位の腫瘍が小さすぎるので、調べても最初にどこでがんが始まったのかわからない。これが『原発不明がん』と呼ばれるものです」 国内で発症するがんのうち3~5%が原発不明がんで、2004年に亡くなったいかりや長介さん(享年72)も患っていた。「転移先でがんが見つかるため、発見された時点でかなりがんが進行した状態です。さらに、原発部位がわからないので治療方針が定まらない。統計的に、診断されてからの余命は1年未満だといわれています」(呉院長) 残された時間、角替さんは病院での治療ではなく、家族と過ごせる自宅療養を選んだ。「病気の進行は最近までゆるやかだったようです。1か月ほど前も、明さんに支えられながらですが、一緒に犬の散歩をしていました。時生さんも半年ほど前から実家に戻ってきて看病していたようです」(別の近隣住民) 病状を知っていたのは一部の近しい人だけ。角替さんが実の娘のようにかわいがったサクラの耳にも入っていた。「角替さんはよく、“うちのサクラちゃんがね”とか“サクラも賛成してくれたの”と話してましたから、自慢のお嫁さんだったんでしょうね。サクラさんも物怖じせず角替さんに話すタイプなので、友人にも近い関係だったように思います。それだけに、角替さんのがん発覚は、サクラさんにとって大きなショックだったと思います」(前出・近隣住民)※女性セブン2018年11月15日号
2018.11.01 07:00
女性セブン
朝ドラ『まんぷく』が好調、陰の功労者は安藤和津・奥田瑛二
朝ドラ『まんぷく』が好調、陰の功労者は安藤和津・奥田瑛二
 秋を感じる爽やかな陽気だった10月上旬、日曜日の朝9時前。抱っこひもで1才の娘を抱えたママは、とんとんと優しく子供の背をたたいてあやしながら、都内の住宅街をゆっくりと歩いていた。無造作に髪をまとめたすっぴんの彼女が、朝ドラ女優・安藤サクラ(32才)だと気づく人はいない。 のんびり歩くこと10分、彼女が入ったのは大きな一戸建て。そこは夫・柄本佑(31才)の実家だった。「サクラさん、今は大阪で月~金曜、朝~夕方まで朝ドラの撮影が入っていて超多忙です。佑さんは東京で仕事があるので、平日は娘さんと大阪のマンションで2人暮らし。家に帰っても息つく暇がない。週末東京に帰ったら、もうグッタリだと思いますよ」(NHK関係者) 17年ぶりに初回視聴率が23%を超え、大ヒット中のNHK朝ドラ『まんぷく』。インスタントラーメンを開発した日清食品の創業者夫妻をモデルにした物語で、ヒロインをサクラが演じている。 撮影場所は物語の舞台でもある大阪。単身赴任ならぬ“母娘赴任”だが、サクラをバックアップする態勢は充分だ。「サクラさんを迎えるにあたって、NHK大阪には局内託児所が作られました。サクラさんは毎日そこにお子さんを預けているので、安心して撮影に臨めているようです。クランクインも早めに設定されたので、その分毎日午後6時か7時には撮影を終えて、サクラさんがお子さんの面倒を見られるようにしています。でも、本当に『まんぷく』を支えている“陰の功労者”はサクラさんのご両親、安藤和津さん(70才)と奥田瑛二さん(68才)ですよ」(前出・NHK関係者) 昨年10月、サクラがオファーを受けたのは娘を出産したばかりの時だった。念願の朝ドラ主演だったが、サクラは子育てに専念するためオファーを断ろうとしていた。「そんなサクラさんに、奥田さんは“やればいいじゃないか。これは挑戦じゃなく冒険だ”と後押しし、和津さんは“孫の面倒は私が見る”と言ってくれた。佑さんの母で女優の角替和枝さん(63才)からは“これをやらないなら、一生この仕事をやめてしまいな”と喝を入れられ、佑さんの父・柄本明さん(69才)もやるべきだ、と。それで引き受ける決意ができたそうです」(芸能関係者) 5月に撮影が始まると、和津は大阪に足しげく通っては、娘と孫の世話を始めた。「和津さんは、週の数日を大阪のマンションで過ごすこともある。親子ともに夫とは“W別居生活”です。サクラさんは“お母さんのおかげで東京にいるより楽なくらい(笑い)”と言っていました。収録現場に顔を見せたこともあるとか。 なんでも、サクラさんが現場に行っている間に和津さんが洗濯や掃除や買い物をして、夕食の支度を済ませ、作り置きのおかずまでたっぷり作って娘と孫の帰りを待っている。子供が夜泣きをするとミルクを飲ませたりおむつ替えまで手伝ってくれるそうです」(番組関係者)※女性セブン2018年11月1日号
2018.10.20 07:00
女性セブン
安藤サクラ「朝ドラやらないなら仕事やめな」と義母から助言
安藤サクラ「朝ドラやらないなら仕事やめな」と義母から助言
 若手女優の登竜門といわれる“朝ドラ”ヒロインに抜擢されたのは、個性派女優として数々の作品に出演してきた32才の安藤サクラ。第一子出産という大きなターニングポイントを迎えた時期にオファーがあり、逡巡したという。ヒロイン役を引き受けるまでの葛藤とは──!? 99作目となる“朝ドラ”は史上初の子育てをしながらのヒロイン誕生となった! オファーは出産直後だったため、実は「やれる可能性はゼロだと思っていた」と当時をふり返る安藤。「もともと妻として家庭に入るべきかなと思っていましたし、さらに子供を産んだら子育てに専念しなくては…と思ったんです。だけど、同時にヒロインを演じられないという悔しさもありました。でも、この子がいなければやっていたかもと考えるのだけは嫌だったので、この先子育てをする上で、どうしたら、この出来事をネガティブなことにしないようにできるか、すごく考えました」(安藤、以下同) 苦悩する彼女を支えたのは、ほかならぬ家族だった。「やればいい」と背中を押し、“芸能一家”ならではの具体的な助言の数々もあったという。なかでも義理の母で、女優の角替和枝(63)から「これをやらないなら、仕事をやめちゃいなさい」と言われて覚悟を決めたそうだ。「“かーちゃん”になったことで、演じる体力を含めてパワーがみなぎるようになりました! 今だからこそ、体力勝負といわれる“朝ドラ”のヒロインもできると思うんです。あと、ヒロインってだいたい劇中で出産しますよね。産んでから日が浅いので任せてください(笑い)」 覚悟を決めた今、ヒロインへの気負いはなく「プレッシャーもない」とからりと笑う。「私は商店街で知らないおばさんやおじさんと、売っている魚のお話をしたりするのが大好きなんです。“朝ドラ”は日本のすみずみまで届けられる作品だと思うので、全国に親戚が増えるような気持ち。みなさんにも、親戚が出ているような感覚で見てもらえたら嬉しいです!」NHK連続テレビ小説『まんぷく』(NHK総合、8:00~ほか)は、10月1日(月)放送スタート。※女性セブン2018年10月11日号
2018.09.30 05:00
女性セブン
柄本佑 朝ドラ撮影中に「生宮崎あおい」とつぶやいたことも
柄本佑 朝ドラ撮影中に「生宮崎あおい」とつぶやいたことも
 視聴率がグングン伸びているNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』。11月9日放送分が24.5 %、10 日放送分が24.8%と2日続けて番組最高視聴率を更新した。ちなみに24%超えは2014年度後期『マッサン』以来。  その中で、柄本佑(28才)が演じる惣兵衛ファンが急増中。妻が身ごもってすぐに行方不明になってから久しいが、それゆえ、惣兵衛への思いを募らせている女性が多い。そんな惣兵衛役の柄本は、番組関係者から大絶賛されている。「あのいや~な感じがすごい評判なんですけど、休憩時間はあの冷たい目つきから一転、柔らかい目つきに変わるんですよ!」(番組関係者) 理由は、妻・はつ役の宮崎あおい(29才)のせいのよう。「実は柄本さんは宮崎さんの大ファンで、宮崎さんのあまりのかわいさに、撮影中にぼそっと、“生宮崎あおい”ってつぶやいたこともあるそうです。ただ今回の作品が初対面なわけではないんです。宮崎さんのお兄さんとはもともと仲よしだから、プライベートでも何度も会っているようです。とはいえ、夫婦役ですからね(苦笑)。柄本さんは宮崎さんとのシーンでカットの声がかかると、劇中では絶対に見せないヘラヘラした顔つきになっています」(前出・番組関係者) 結婚当初の惣兵衛は、はつに対して冷たい態度を取るものの、実は一目惚れという設定。それはプライベートでも同じ。2012年に結婚した安藤サクラ(29才)にも一目惚れだった。「交際は結婚前提で、すぐにサクラさんの父の奥田瑛二さん(65才)に“結婚させてください”と言ったそうです。奥田さんに“3年はつきあってみないとわからないぞ”と言われてそうしたそうですが、女性に対して一筋っていうところは同じで熱い男なんです。ちなみに柄本は、奥田さんのことを“パピー”って呼んでいるそうですよ」(芸能関係者) 柄本の父は柄本明(67才)で、母が角替和枝(61才)。弟は柄本時生(26才)だ。一方サクラの父は奥田で、母は安藤和津(67才)。姉は映画監督の安藤桃子。そんな芸能家族同士が一挙に集まるのが、唯一、新年だという。「柄本明さんと奥田さんは、ひたすら囲碁をやって、お母さん同士は、ずっとぺちゃくちゃおしゃべり。子供たちはみんな勝手に動くそうですよ」(前出・芸能関係者)※女性セブン2015年11月26日号
2015.11.17 07:00
女性セブン
『あさが来た』の柄本佑 宮崎あおいとのシーンはほぼ一発OK
『あさが来た』の柄本佑 宮崎あおいとのシーンはほぼ一発OK
 番組スタートから5週連続の視聴率20%超え、絶好調のNHK連続テレビ小説『あさが来た』。 柄本佑が演じるのは、宮崎あおい演じるはつの夫・眉山惣兵衛。いいとこのぼんぼんで、無愛想でマザコンで、体温が感じられない見た目のため「白蛇」というあだ名を付けられてしまう変人だ。そんな役どころにもかかわらず、放送を重ねるごとに惣兵衛ファンが増えている。 その理由は、とらえどころのない惣兵衛を表現する、卓越した柄本の演技力にある。「あのニタリという冷たい笑いをキモいと思っていたけれど、井戸の中ではつを抱きしめるシーンを見て、すっかり惣兵衛推しになりました」(64才主婦)「陰湿キャラだったのに、ふとしたときに優しさが垣間見えて、目が離せません」(43才・パート)といった具合で、高視聴率の立役者となっている。 柄本は演劇一家で育ってきた。父は俳優の柄本明(67才)、母は女優の角替和枝(61才)で、弟は俳優の柄本時生(26才)。小学生のときは、学校が終わると家ではなく、演劇の聖地・本多劇場(東京・下北沢)に“帰宅”するほどだった。中学生になるとオーディションを受けて主役を射止め、2003年に映画『美しい夏キリシマ』で本格的に俳優デビュー。その後、ドラマ『ゲゲゲの女房』(NHK)、『医龍』(フジテレビ系)、『天皇の料理番』(TBS系)、映画『横道世之介』『武士の献立』などで、幅広い役を演じてきた。 2012年に結婚した相手は、女優の安藤サクラ(29才)。俳優の奥田瑛二(65才)とエッセイストの安藤和津(67才)夫妻の次女と夫婦となったことで、ますます演技の世界にはまり込んだ。「奥田監督作品の映画『今日子と修一の場合』では柄本とサクラの夫婦共演が話題になりましたが、奥田はまず柄本の主演を決め、それからサクラをキャスティングしたそうです。奥田は俳優としての柄本をかなり信頼していて、“自分の最大の理解者だ”と言っていましたよ」(映画関係者) 将来有望な柄本が『あさが来た』で演じる惣兵衛は、妻を守るため、萬田久子演じる母を殺そうとする狂気も見せた。「現場では萬田さんと親しくしていますよ。プロ意識の高い宮崎さんのこともベタ褒めです。宮崎さんと2人のシーンの撮影はたいてい一発OKで、周りは圧倒されっぱなしです」(ドラマ関係者) ただ、物語での惣兵衛は現在、行方不明中。妻のはつもそれから視聴者も、一刻も早い帰還を望んでいる。※女性セブン2015年11月17日号
2015.11.10 07:00
女性セブン

トピックス

4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
東京五輪のない今年も?『オールドルーキー』など夏ドラマのスタートが早くなっている理由
NEWSポストセブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン