芸能

公演中止の沢田研二、客に激怒も これも「ジュリーらしさ」

ライブを“ドタキャン”したジュリー

 10月21日、「満員御礼」の札が張られた大阪・大阪狭山市の『SAYAKAホール』でのライブ。普段はアンコールまでMCをしない沢田研二(70才)は、2曲目を歌い終えるとおもむろに語り始めた。

「自分は頑固でどうしようもない人間。すべて沢田研二の責任です」、「私は厄介な人間です。あの日、神経が違和感を覚え心が揺れました。私はブレない人間じゃありません。いつもブレています」

 約10分間の謝罪を終えると、大きな拍手が沸き起こった。その後は黄色い声援に応えるよう16曲を熱唱し、最後は客席への投げキッスでライブを終えた。完全燃焼だったのか、ライブ後、出待ちをしていたファンに対応せず無言で会場を後にした。

 そんな沢田の怒りが爆発したのは10月17日、さいたまスーパーアリーナでの公演直前だった。9000人の集客予定が7000人しか集まらないことを知った沢田は激怒し、ライブをドタキャンした。

「“ジュリーが勧める反原発の署名を会場に断られたから”との説もありましたが、実際は観客が集まらなかったことにジュリーがキレた」(沢田を知る関係者)

 翌日、沢田は横浜市内の自宅前で「客席がスカスカの状態でやるのは酷。ぼくにも意地がある」と釈明した。

 沢田は1967年にザ・タイガースのボーカルとしてデビューし、「ジュリー」の愛称で親しまれた。初めて歌に振り付けをいれたのも、球場でライブを行ったのも、レコード大賞で歴代最高視聴率を記録したのもジュリーだ。18才のデビュー以来50年以上、毎年欠かさずアルバムを発表し、全国ツアーを開催。今でもチケットは発売してすぐ売り切れる人気はあるはずだった。70才になった今年も東京・日本武道館を皮切りに全国66公演を展開している。

「通常5000人ほどの会場だといつも満員御礼です。ファンクラブでもチケットは即売り切れでした。今回は9000人の規模で販売方法も含め、チケット会社の問題も指摘されています。約束を反故にされたジュリーの怒りもわかります」(音楽関係者)

 沢田のライブトラブルは今回が初めてではない。2004年にもライブドタキャン騒動があり、2015年にはライブのMC中に観客から「歌って~!」と言われ、「黙れ! 嫌なら帰れ!」と激怒。双眼鏡を使用するファンに「視姦されているようで気分が悪い」と吐き捨てたこともある。

関連キーワード

関連記事

トピックス

満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
満島ひかり主演映画『ラストマイル』はシェアード・ユニバース作品 “主演クラス”石原さとみとの共演で現場は“ヒリヒリするような独特の緊張感”
女性セブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
《別れ際に両手でWバイバイ》松本潤、悲願の野田秀樹舞台に出演 初日の夜は深夜2時まで女性3人とクールダウン宴会
女性セブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン