• TOP
  • ライフ
  • 大田区・町工場の腕っこき職人の話が肴、“筋金入り”角打ち

ライフ

2018.10.30 16:00  NEWSポストセブン

大田区・町工場の腕っこき職人の話が肴、“筋金入り”角打ち

日替わりのつまみや乾き物が肴だ



 店のある南蒲田周辺は、世界がその技術力をリスペクトする町工場が数多くある。当然ながら、そこで働く腕っこきのベテラン職人たちも普通に飲みに来ている。

「50代60代の職人さんとよく会いますが、技術的な話を面白く話してくれます。でも、僕らと同世代の若い職人との接し方を相談されることも多いですね。こっちが偉そうに教えちゃったりしても、まじめにちゃんと聞いてくれるし。そんな話を肴にして飲む酒は、なかなかに濃くておいしいですよ」(20代、メンテナンス業)
 
 そんな彼らには焼酎ハイボール党が多い。

「飲んべえだから酒はみんなうまいと思います。だけど、これは甘くなくて気持ちが落ち着けるからいいんだよね。それが一番のポイントでしょ。季節を問わず、さっぱりした喉ごしで飲めるのが、これまたうれしいのよ。飲む人の気持ちに合わせる気配りの酒?なーんて時々思うことがあるよ」(40代、塗装業)

 偶然にも今宵この“酒処”に居合わせた顔ぶれは、ここで出会うまでは、縁も所縁もなかった、他人同士だった客ばかり。

「でも今じゃ、幼なじみや会社の同僚との関係にも負けない太い絆の飲み仲間になっているようですよ。お客さんが率先して温泉巡りに出かけたり、焼肉パーティーを開いたり、多摩川沿いで季節の花を愛でながら散歩したりと、いろんな集まりをしていますものね。楽しい酒処だと思いますよ」(よし子ママ)

関連記事

トピックス