芸能

何があった? みのもんたのおじいちゃんぶりが顕著に 

74才になったみのもんた

 大物司会者・みのもんた(74才)のレギュラー番組『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(読売テレビ、日本テレビ系)での変貌ぶりに驚く声が出ている。いったに何があった? コラムニストのペリー荻野さん綴る。

 * * *
 みのもんたの「エブリケンミン、カミングアウト!」の掛け声でおなじみの『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』。全国各地の独自グルメ、習慣、方言などを取り上げるこの番組は放送12年目を迎えるご長寿バラエティーとなっている。

 その番組の中で、最近顕著なのが、みのもんたのおじいちゃんぶりである。番組スタート当初は、好奇心丸出しで各地の珍味に「これ、ホントにおいしいの?」と突っ込みを入れたり、美人ゲストが出るたびににやにやと「夜のおじさん」モードを出していたが、今はすっかり「いい感じのシニア」モード。顔の艶よりも赤味を帯びた血色のよさが目立つのである。だいたい、オープニングの「エブリケンミン~」の掛け声にしても、元気のいい時とそうでない時のムラがある。これはアナウンサー時代にはなかったことだろう。

 さらに最近は、同じく司会を務める久本雅美に言われたい放題。先日、「鹿児島弁」の話題の際には、着物姿ですっかりクラブのママみたいな国生さゆり(鹿児島県出身)が、ムードたっぷりに「こんボトルを入れくいよったとは、おまんさんあね?」(このボトルを入れてくれたのは、あなたですか)と地元言葉で語りかけると、みのは口を開いたまま、うれしそうにうっとり。すかさず久本からは「恍惚の人みたいな顔になっちゃって」と指摘されていた。さすが久本、みんなが言いたいことをズバッと言って、かゆい背中をかいてくれる。
 
 青森の「つゆ焼きそば」を食べれば「つゆに顔を突っ込んでた」と言われ、愛知の「天むす」を食べれば光浦靖子に「道に迷ったら食べてください」と言われる。一昔前だったら、決して言われなかったことを言われ続けるみのもんた。でも、なんだか幸せそうなのである。
 
 そう思ってよく見れば、番組中はほとんど腕組みをして上を向き、時折、ゲストたちのコメントに大笑い。しかし、各地のイケメンを探す企画「男前祭り」には、ほぼ興味ないのか、このコーナーに熱心な久本に完全に預けてしまう。久本にやりたい放題させているように見えて、実はみのもまたやりたいことをやっているのである。

 各地のグルメをさまざまな世代のゲストたちと試食する場面では、みのおじいちゃんを中心に大家族が食卓を囲んでいるようにも見えてくる。身内のことなどでいろいろあってしんどい時期もあったに違いないが、それでも地上波では、この番組だけ継続した。それは正しい選択だった。

 ただし、ネットでは『みのもんたのよるバズ!』を続け、完全に「ご隠居」とはいえないところも、またみのらしい。いつか、シニアモードは世を忍ぶ仮の姿でしたー!とカミングアウトして、地上波でもみの節を復活させ、「みのもんたの逆襲」を始める可能性も十分ある。眉毛が白く長く伸びようと、それがみのもんたである。

関連記事

トピックス

問題視されたポスター(現在は撤去済み)
《風営法違反で警告》選挙ポスター掲示板「女性専用風俗店」の運営者が罪に問われる可能性 弁護士が指摘
NEWSポストセブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
《ススキノ頭部切断》瑠奈被告(30)の友人が語る「“るーちゃん”が激高した夜」
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【オシャレ最上級者】杉咲花と交際中の若葉竜也「2500円の私服Tシャツ」の意味深ロゴ「アンメット」にかけていたのか
NEWSポストセブン
宮沢りえ
《テカテカでも好感度大》宮沢りえ、松嶋菜々子…“アラフィフらしい姿”が支持される理由 「若さ」よりも重視される「自然体かどうか」
NEWSポストセブン
櫻井翔が母校のために作詞
《会場は感動の嵐》櫻井翔、母校・慶應幼稚舎150周年のために「リリック」を書き上げる、記念式典では児童全員が合唱
女性セブン
『THE BET』でMCを務める池田美優と麒麟・川島明(番組公式サイトより)
《相次いで放送》ついに幼稚園でも開催、“かくれんぼ”番組はなぜ支持を集めるのか
NEWSポストセブン
河合悠祐候補と、ほぼ裸ポスターのモデルとなった桜井MIU
《都知事選「ほぼ裸ポスター」問題》女性モデル“みだら写真”の迷惑防止条例違反と公職選挙法、憲法の関係は 弁護士が解説
NEWSポストセブン
キムタクは目下、無実の罪を背負った脱獄犯役を熱演中。Koki,も毎週、手に汗握って見守る
【原作は韓国の人気ウェブ漫画】Koki,が主演映画を撮影中「外見にコンプレックスを持つ女子高生がメイクで女神に変身する」難役に挑戦
女性セブン
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
真矢ミキ、映画『九十歳。何がめでたい』で草笛光子の娘役を演じる「光子さんの輝かしい奇跡の瞬間を目の前で見たんだと思います」
女性セブン
1億円を寄付した黒柳
《ユニセフ親善大使40年の現在地》黒柳徹子、個人名義で「ガザに1億円」寄付 公表しなかった理由を明かす 
女性セブン
東京都知事選挙が告示され、選挙ポスターが張られた掲示板。過去最多の56人が立候補した(時事通信フォト)
《「ほぼ裸」ポスターや立候補しない女性格闘家も》都知事選の選挙ポスター問題 「おそろしい時代」「恥ずかしい」と嘆く大人に「あたおか」と笑う小学生たち
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子(インスタグラムより)
「三田寛子さんに謝るべきだ」愛人と同棲状態の中村芝翫、忠告した友人を“出禁状態”に 事務所は「芝翫が誰かを出禁にすることは一切ございません」と回答
NEWSポストセブン