• TOP
  • ライフ
  • 名字の雑学 武士以外も名字はあった、中韓は数がかなり少ない

ライフ

2018.11.23 07:00  女性セブン

名字の雑学 武士以外も名字はあった、中韓は数がかなり少ない

江戸時代は名字をコロコロ変えていた!?(イラスト/ニシノアポロ)

 歴女ブームで自分のルーツを探りたい人が増えたことから、じわじわと関心が高まっている「名字」。誰かに話したくなるトリビアをご紹介。

 実は、江戸時代、武士以外に名字がなかったというのはウソ。姓氏研究家の森岡浩さんはこう語る。

「当時は、明確な身分差別がありました。そのため、農民などの庶民も名字を持っていたのですが、武士以外は名字を名乗ることができなかったのです」

 さらに、江戸時代までは名字もペンネームのように自由につけられたという。

「住んでいる地域にちなんだ名字をつける人が多く、別の場所に移り住めばその土地にちなんだ名字に変えていました。また、自由に変えることができたため、親子で名字が違うこともあったようです」

 では、海外に目を移してみたらどうか。移民の国、アメリカでは名字の種類は豊富にある。

「日系、中国系、ヒスパニック系など多くの移民に支えられた国なので、名字の数は100万以上ともいわれています。逆に、韓国は300以下、中国は数千しかありません。いずれも自由に名字がつけられなかったようです」

 なお、日本は約10万の名字があるという。

※女性セブン2018年11月29日・12月6日号

関連記事

トピックス