スポーツ

離婚の貴乃花 景子さんは泣きながら「協会に残るべきだった」

11月3日、福岡の「炭坑節まつり」にそろって参加していた景子さんと貴乃花

 10月上旬、都内の閑静な高級住宅街。その中にあって、10台以上の監視カメラが設置された瀟洒な邸宅は、異様な雰囲気を醸していた。夕方6時前、花柄のロングスカートに淡い黄色のカーディガンを着た女性が鉄製の扉を開けて出てきた。花田景子さん(54才)は、待たせていたタクシーに向かい、俯いたままハイヒールの音を激しく鳴らし小走りでかけていく。

「貴乃花親方との離婚協議が進んでいると聞きましたが…」

 本誌・女性セブン記者がそう質問を投げると、景子さんは一瞬驚いた表情を見せ、眉間にしわを寄せた。だが、記者の顔を一瞥するとすぐに顔を伏せ、質問には答えないままタクシーに乗り込んだ。

「運転手さん、ドアを閉めてください! 早く閉めてってば!」

 険しい表情の景子さんを乗せたタクシーは、その場から走り去っていった──。

 景子さんと元貴乃花親方(46才)の離婚が成立する、わずか3週間前のことだった。しかし、本誌が離婚を直撃した数日後、長男・優一(23才)が景子さんと貴乃花の仲睦まじい2ショット写真をブログに掲載。

《喧嘩するほど仲がいい二人です》というコメントが付き、まるで離婚情報を打ち消すかのような“アピール”に見えた。

「夫婦の間には修復不可能な亀裂が入っていたともっぱらのうわさでしたが、この2ショット写真を見て、多くの関係者が“離婚はまだないだろう”と安堵したそうです」(相撲関係者)

 だが、この直後に貴乃花は離婚届を提出。23年間に及ぶ結婚生活にピリオドを打ったのだ。

 日本相撲協会への退職届の1か月後に離婚届――この間、夫婦の関係は大きく揺れ動いていた。そもそもの発端は昨秋に起こったモンゴル人力士間における暴行事件である。加害者である元横綱・日馬富士が殴打した貴ノ岩は貴乃花部屋の所属で、当時親方だった貴乃花は、昨年末に責任を取る形で理事解任を決議された。

 起死回生で挑んだ今年2月の理事長選で落選すると、「理事」から最低位の「年寄」にまで降格。理事経験者の年寄降格は過去に例がないほどの“急降下”だった。

 その後、自身の部屋の力士の暴行事件も発覚し、さらに監督責任を問われる事態となった。6月には貴乃花一門が消滅。相撲協会における影響力は“ほぼゼロ”となった。

 不運は続き、8月には夏巡業で訪れていた秋田県内の体育館で倒れ、病院に緊急搬送された。一時、意識不明という情報もあった。

「この頃の親方は満身創痍でした。相撲協会では居場所をなくし、部屋でも神通力をなくしかけていた。こんな時に頼りになるのが家族なのでしょうが、そこでの立場も失っていたに等しい状態だったのです」(後援会関係者)

 貴乃花が緊急搬送された際、景子さんは病院にすら行かず、「若い人がいるから平気でしょう」と話していたという。

「夫婦関係は冷えきっていたが、離婚の決意まではしていなかった。別居生活は続き、会話もほとんどありませんでしたが、女将さんとして部屋に出入りしていたし、関係各所には女将さんとして対応し続けていましたから」(スポーツ紙記者)

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
囲み会見でも株を上げた(時事通信フォト)
【「子どもは?」の質問に完璧回答】大谷翔平結婚会見“不適切な質問”への対応力にフェミニストたちも唸った
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン
記者会見で涙を拭う岐阜県岐南町の小島英雄町長。2024年2月28日(時事通信フォト)
セクハラとパワハラで辞任した74歳の岐南町長 問題は決して「世代」なんかではない
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン