ライフ

食パン戦国時代到来 並んでも絶対に食べたい専門店5選

イチローも愛する乃が美の食パン(撮影/深澤慎平)

 関西発の食パン専門店が次々と東京に進出する一方で、東京でも新進気鋭の店が続々とオープンし、今、東京で“天下分け目の戦い”が始まろうとしている。そこで、注目の食パン店を紹介する。

 約4年前から盛り上がり始めた“高級食パン”ブーム。最大の店舗数を誇る『乃が美』が、満を持して東京進出したことはメディアでも大きく報じられた。1時間待ちの行列や即完売が当たり前の“高級食パン”の魅力とは…?

「各店とも、生クリームや高級バターなど材料にとことんこだわっているので、一般的な食パンより甘みがしっかりしています。何より、“口どけ命”と言っていいほど、なめらか。今後は、激戦区と化した東京を中心に、この“口どけのよさ”が追求されていくのでは」(パン屋さんめぐりの会代表の片山智香子さん)

 幸せを運ぶ至福の口どけ、早朝から並んでもぜひ味わいたい。

■高級「生」食パン専門店 乃が美 麻布十番店
住所:東京都港区麻布十番1-9-7 麻布KFビル 1F
営業時間:11~18時
定休日:火曜

 11月15日に、全国108店舗目となる新店舗が初めて東京にオープン。『乃が美の「生」食パン』(2斤864円)は、「耳がいちばんおいしい」と言われるほどのやわらかさ。まずはちぎって、「生」の口どけを楽しみたい。

 初日はお客さんと報道陣が殺到し、開店1時間前からできた行列があっという間に店を囲んだ。

「イチローさんには空輸しています」(阪上雄司社長)というほど、名だたる著名人に愛されている。

■考えた人すごいわ 清瀬店
住所:東京都清瀬市元町1-10-13
営業時間:10~20時
定休日:不定休

 一風変わった店名もさることながら、パン好き女優の木南晴夏(33)がテレビで紹介したことで人気が過熱。ほどける口どけと、薄くやわらかい耳が大好評の看板商品『魂仕込』(864円)は、午前11時には完売する人気ぶり。週末には100人以上が大行列。11月には神奈川県菊名に2号店をオープンし、その勢いは加速中!

■PANYA ASHIYA TOKYO 駒沢店
住所:東京都世田谷区駒沢4-11-12パークハウス1F
営業時間:10~18時
定休日:水曜

 一番人気の『PREMIUM』(810円)は、人気カフェ『ロンハーマンカフェ』にも提供している超自信作。優しい甘さで、ふわふわ&もっちりした独自の食感に惚れ込むファン続出。

■銀座に志かわ 本店
住所:東京都中央区銀座1-27-12 キャビネットビル1F
営業時間:10~18時
定休日:不定休

 アルカリイオン水で仕込んだ『水にこだわる高級食パン』(864円)は、そのままはもちろん、きんぴらごぼうや奈良漬けをのせても相性◎。

■午後の食パン これ半端ないって!
住所:神奈川県相模原市緑区橋本2-17-21 AYAビル1F
営業時間:10~18時
定休日:月曜

 レーズン入りの『仕方ない午後』(1058円)は焼き上がり前に配布される整理券で連日完売。独自配合した小麦粉と生クリームによるなめらかな食感はケーキのよう。

※女性セブン2018年12月13日号

関連記事

トピックス

中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
NHK退職が明らかになった武田真一アナ
NHK武田真一アナ起用報道で南キャン・山里亮太の損得勘定 スッキリ後番組への期待と不安
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン