ライフ

食パン戦国時代到来 並んでも絶対に食べたい専門店5選

イチローも愛する乃が美の食パン(撮影/深澤慎平)

 関西発の食パン専門店が次々と東京に進出する一方で、東京でも新進気鋭の店が続々とオープンし、今、東京で“天下分け目の戦い”が始まろうとしている。そこで、注目の食パン店を紹介する。

 約4年前から盛り上がり始めた“高級食パン”ブーム。最大の店舗数を誇る『乃が美』が、満を持して東京進出したことはメディアでも大きく報じられた。1時間待ちの行列や即完売が当たり前の“高級食パン”の魅力とは…?

「各店とも、生クリームや高級バターなど材料にとことんこだわっているので、一般的な食パンより甘みがしっかりしています。何より、“口どけ命”と言っていいほど、なめらか。今後は、激戦区と化した東京を中心に、この“口どけのよさ”が追求されていくのでは」(パン屋さんめぐりの会代表の片山智香子さん)

 幸せを運ぶ至福の口どけ、早朝から並んでもぜひ味わいたい。

■高級「生」食パン専門店 乃が美 麻布十番店
住所:東京都港区麻布十番1-9-7 麻布KFビル 1F
営業時間:11~18時
定休日:火曜

 11月15日に、全国108店舗目となる新店舗が初めて東京にオープン。『乃が美の「生」食パン』(2斤864円)は、「耳がいちばんおいしい」と言われるほどのやわらかさ。まずはちぎって、「生」の口どけを楽しみたい。

 初日はお客さんと報道陣が殺到し、開店1時間前からできた行列があっという間に店を囲んだ。

「イチローさんには空輸しています」(阪上雄司社長)というほど、名だたる著名人に愛されている。

■考えた人すごいわ 清瀬店
住所:東京都清瀬市元町1-10-13
営業時間:10~20時
定休日:不定休

 一風変わった店名もさることながら、パン好き女優の木南晴夏(33)がテレビで紹介したことで人気が過熱。ほどける口どけと、薄くやわらかい耳が大好評の看板商品『魂仕込』(864円)は、午前11時には完売する人気ぶり。週末には100人以上が大行列。11月には神奈川県菊名に2号店をオープンし、その勢いは加速中!

■PANYA ASHIYA TOKYO 駒沢店
住所:東京都世田谷区駒沢4-11-12パークハウス1F
営業時間:10~18時
定休日:水曜

 一番人気の『PREMIUM』(810円)は、人気カフェ『ロンハーマンカフェ』にも提供している超自信作。優しい甘さで、ふわふわ&もっちりした独自の食感に惚れ込むファン続出。

■銀座に志かわ 本店
住所:東京都中央区銀座1-27-12 キャビネットビル1F
営業時間:10~18時
定休日:不定休

 アルカリイオン水で仕込んだ『水にこだわる高級食パン』(864円)は、そのままはもちろん、きんぴらごぼうや奈良漬けをのせても相性◎。

■午後の食パン これ半端ないって!
住所:神奈川県相模原市緑区橋本2-17-21 AYAビル1F
営業時間:10~18時
定休日:月曜

 レーズン入りの『仕方ない午後』(1058円)は焼き上がり前に配布される整理券で連日完売。独自配合した小麦粉と生クリームによるなめらかな食感はケーキのよう。

※女性セブン2018年12月13日号

関連記事

トピックス

岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
岸田首相が大谷翔平結婚のドサクサで誤魔化したい「政倫審と予算案の茶番採決」 ウクライナ電撃訪問とWBC準決勝の時とは正反対
NEWSポストセブン
吉高由里子
大河ドラマ『光る君へ』、乗馬シーンのために俳優陣が10か月間のスパルタレッスン 吉高由里子も猛特訓
女性セブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
トップアスリートが多い1994年生まれ
《大谷翔平の電撃婚》94年組アスリートの羽生結弦、瀬戸大也、萩野公介、鈴木誠也との相違点は 渡邊雄太の妻・久慈暁子のインスタに「大谷夫婦の登場」の期待も
NEWSポストセブン
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン