• TOP
  • 芸能
  • 小池徹平の“怪演”が話題に 「笑顔の裏の闇」を巧みに表現

芸能

2018.11.30 07:00  NEWSポストセブン

小池徹平の“怪演”が話題に 「笑顔の裏の闇」を巧みに表現

小池徹平はキラースマイルに隠された”闇”を表現

 ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)での小池徹平(32)の“怪演”が話題だ。『大恋愛』は11月16日放送の第6話から、第2章に入った。ドラマは、若年性アルツハイマーを患う医師の北澤尚(戸田恵梨香)と、小説家の間宮真司(ムロツヨシ)の10年にわたる純愛物語を描く。2章は尚と真司の新婚生活から始まった。ここで尚と真司の間をかき回すヒールとして登場するのが、尚と同じ病を抱える松尾公平(小池)だ。小池の演技に、SNSでは「ヤバイ」「笑顔が怖すぎる」と、大きな反響を呼んでいる。

 小池の演技について、テレビウォッチャーの吉田潮さんが分析する。

「小池さんは今まで、天然キャラかさわやかな好青年の役どころが多かっただけに、ヒール役とは驚きました。すばらしくかわいらしい笑顔でひどい行いをする姿は、子供が無邪気に虫を踏んだり、羽をむしったりする怖さに似ています。それも確信犯で、無邪気に見える笑顔の裏に大きな闇を抱えていると視聴者に悟らせる巧みさがあります。小池さん自身にクリーンな印象が強かっただけに、余計に不気味さが際立ちます」

 小池演じる松尾は保育士として働いている。小さな子供相手に“キラースマイル”を見せるシーンは“いい人”にしか見えない。

「保育士で子供たちを預かる身でありながら、実は内面に“凶悪性”を持ち合わせている設定はうまい。暴言や暴力を振るうのとは違う、ジワリと背筋が凍るような怖さがあります。小池さんは大病を患って妻にも逃げられ、仕事も失いそうになっている役。悪意に走る人がいてもおかしくない状況の中、小池さんは演技によって“こんな人、実際にいるかもしれない”というリアリティや深みを感じさせています」

 このドラマは当初、連続ドラマでは本格ラブストーリー初出演となるムロなどが話題を呼んでいた。純愛路線を貫くのかと思いきや、2章でガラリと印象が変わった。

関連記事

トピックス