ビジネス

ゴーン事件、司法界の登場人物たちの因縁は相当根深い

逮捕は世界に衝撃を与えた(EPA=時事)

 世界に衝撃を与えた「ゴーン事件」が、“司法界”では、ちょっと違ったかたちで注目を集めている。有価証券報告書への役員報酬の過少記載の疑いで逮捕された日産前会長のカルロス・ゴーン容疑者と前代表取締役のグレッグ・ケリー容疑者はともに「(違法行為に当たる)過少記載でない」と容疑を一貫して否認している。

 ゴーン容疑者の弁護人を務めるのが特捜の“手の内を知り尽くした男”大鶴基成・弁護士だ。特捜部長時代にライブドア事件や村上ファンド事件などを手掛け、最高検検事も歴任した大物ヤメ検である。特捜検察に詳しいジャーナリストの伊藤博敏氏が解説する。

「大鶴氏は最高検検事だった2010年に小沢一郎氏(現・自由党代表)の資金管理団体をめぐる虚偽記載事件で『小沢氏逮捕』を強硬に主張しましたが、結果は嫌疑不十分で不起訴処分。その強引な捜査手法に批判が集まり、“検察不信”を招きました。この時、小沢氏側の弁護を務めて特捜部と対峙したのが、ケリー容疑者の弁護人である喜田村洋一氏。かつての敵が今回、“共同戦線”を張ることが、司法界でも話題となっています」

 捜査を指揮する“敵側”には、大鶴氏が特捜部長時代に、部下として頭角を現わした森本宏・特捜部長がいる。昨年9月に就任以降、リニア新幹線談合事件や文科省汚職事件などを立件し、「検察庁のエース」と目される人物だ。

「かつての上司を相手に、森本特捜は強気の姿勢を崩していない」(前出・伊藤氏)とされるなかで、さらに司法界で注目が高まっているのは、特捜に情報提供する日産側にも、複数の“検察OB”の名前が挙がっているからだ。「逮捕に至るまで、司法取引などについてヤメ検の熊田彰英、名取俊也の両弁護士に逐一相談していた」(全国紙司法記者)とされる。名取氏は現役時代、「将来の検事総長候補」(同前)と呼ばれた人物だ。

関連記事

トピックス

(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
紅白「若者シフト」の狙いとは(写真/共同通信社)
紅白の“シニア視聴者切り捨て” NHKの若者偏重は番組の公平性の点からも疑問
週刊ポスト
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
閣僚のスキャンダルが続く岸田政権(時事通信フォト)
閣僚辞任ドミノの岸田政権、第1次安倍政権末期に酷似「年内か、来年1月まで」の声も
週刊ポスト
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト
高橋一生が夜の街を仕事関係者らしき男性とともに
高橋一生「41才独身、女優のアプローチをいなし、愛犬に愛情注ぐ」モテモテなのに結婚しない理由
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
松原千明さんの死の真相
追悼・松原千明さん「あんなに純粋でかわいらしい子はいない」愛娘すみれへの思い
女性セブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
鈴木福、超名門大学にAO入試で合格 来春に芦田愛菜とキャンパスで再会もあるか
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
「週刊ポスト」本日発売! 「年金寿命」を30年延ばす秘策ほか
NEWSポストセブン