• TOP
  • 芸能
  • ビートたけしが語る死 「理想は葬式で拍手喝采」

芸能

2018.12.09 07:00  週刊ポスト

ビートたけしが語る死 「理想は葬式で拍手喝采」

ビートたけしの死生観とは

 新刊『「さみしさ」の研究』(小学館新書)でビートたけし氏が論じたのは、男の「老い」と「死」について。だが、その内容は近年流行りの「孤独礼賛本」とは一線を画す。71歳を迎えた、たけし氏が語る理想の老後の暮らし方とは──。

 * * *
 実は「いい人」って報われないんだよ。品行方正なジイサン、バアサンってのは死んだ後でなかなか思い出してもらえない。盆や正月に「いい人だったね」って家族の話題にのぼるくらいのもんだ。

 町内会の飲み会で、酒の肴に死んじまった近所のジジイやババアの話をする時、「いい人」の話なんて出てきやしない。そういう時にみんなが懐かしむのは、ワガママで迷惑ばかりかけてたヤツのほうなんだよな。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス