• TOP
  • ライフ
  • 乗り物に乗って楽しむ!人気の「体験型イルミネーション」3選

ライフ

2018.12.16 16:00  女性セブン

乗り物に乗って楽しむ!人気の「体験型イルミネーション」3選

さがみ湖イルミリオン

 ここ数年は電球数や大型化を競う“イルミネーション戦国時代”だったのが、「技術的にはそろそろ飽和状態。豪華さだけでは飽き足らなくなった観客を、どう楽しませるかがこれからの課題。この冬は新たな勝負の始まりです」と語るのは、夜景評論家の丸々もとおさん。特に乗り物に乗りながらイルミネーションを楽しむ「体感型」が人気となっているという。

■さがみ湖イルミリオン
住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634
開催期間:~2019年4月7日
入場料:おとな1000円

 600万球の壮大なスケールで、光る乗り物やフォトスポットなど遊べるイルミも満載。女性が心ときめくエリアも新設、体感型の先駆けとしてさらにパワーアップ!

 話題の「虹のリフト」は、眼下に広がる7色に輝くイルミの虹に加えて、今冬は光るバルーンも登場してさらに幻想的に。大みそかはカウントダウン花火を予定。

全方向にフルカラーLEDが飾られた新スポット「光る宝石箱」は豪華絢爛。7月にオープンしたパディントンタウンも、夜はキラキラと輝く。

■TOKYO MEGA ILLUMINATION
住所:東京都品川区勝島2-1-2
開催期間:~2019年3月31日(開催日は要確認)。年内は12月15・16・22~24・28日
入場料:おとな1800円

 大井競馬場の敷地に、丸々さんプロデュースのもと、800万球規模イルミイベントが10月にオープン。最新技術と卓越した演出で、過去から未来へタイムトラベル。

 マップを歩くと東京の名所が現れる「TOKYO TWINKLE MAP」や、動くイルミネーションが木に映し出される「WONDER MEDIA TREE」で魅了。江戸時代のエリアでは、稲穂が一面に広がる農村風景を表現。明治時代エリアではレトロな電飾馬車に乗ったり、絵画パネルをタッチしたりと楽しい演出が。

■伊豆ぐらんぱる公園
住所:静岡県伊東市富戸1090
開催期間:~2019年8月31日
入場料:おとな1500円

 スリリングなナイトアトラクションは『グランイルミ~4thシーズン~』ならでは。豪華なイルミネーション・ショーやパステルカラーが美しいランタンも見逃せない。

 巨大なスイーツランタンが並ぶフォトジェニックなエリアは、CMのロケ地にも。イルミネーションを見下ろすジップラインやスライダー、対戦型ロボットなどで、幻想的かつエキサイティングな体験を。

※女性セブン2019年1月1日号

関連記事

トピックス