• TOP
  • ライフ
  • 現役僧侶「自動搬送式納骨堂は節度を超えている!」

ライフ

2018.12.16 16:00  女性セブン

現役僧侶「自動搬送式納骨堂は節度を超えている!」

お墓トークで盛り上がるお三方(撮影/WEST)

「本を読んで、ようやくお墓を改葬する決心がつきました」などの感想が続々と届いている単行本『いまどきの納骨堂』(小学館)。その発売を記念して、著者の井上理津子さんが、大阪大学医学部教授の仲野徹さん、應典院住職の秋田光彦さんと公開鼎談を行った。意見の異なる3人が繰り広げたお墓と終活に対する本音の数々。大いに盛り上がったその模様をお届けする。

【議題】いまどきの納骨堂は是か非か?

 墓じまいした後の引っ越し先として注目を集めるのが自動搬送式の納骨堂だ。『いまどきの納骨堂』では《首都圏には、建設中のところも含めると約30カ所に及び、完売すれば12万~15万人が使用することになるらしい。都立霊園8か所の使用者数の合計は約28万人だから、今や自動搬送式の納骨堂は誕生して約20年で、なんとその半数に届こうとしている》というほど、増えてきているという。しかし、これまでのいわゆる「土の上に立つお墓」との違いから抵抗感のある人もいて、3人の意見も真っ二つに割れた──。

井上:自動搬送式の納骨堂は、立体駐車場と倉庫が合体したような形です。外観はオフィスビルかミュージアムみたいな建物で、ロビーにあるパネルにカードをピッとかざす。そうすると、空いているブースが示されて、そこが今日の参拝所になるんですね。保管庫からコンピュータ制御のベルトコンベアでお骨が運ばれてきて、共用の墓石にセットされるんです。

 購入されたかたが満足を得ているというのを聞くと、私はそういった自動搬送式もオッケーだと思います。どこも駅近だったりして、交通至便なところでカジュアルに手を合わせるのは、ありだと思いますね。

秋田:大体、あの自動搬送式の機械って、故障したりするんじゃないですか?

井上:そこが問題なんです。今はできたばかりでいいですが、いつかマンションの大規模修繕のようなことも出てきかねない。潰れないところを探さないといけないと思いますけどね。

秋田:その搬送式の納骨堂がいいとか悪いとかって、ぼくがあれこれジャッジする立場にはないですが、どうしても見えてしまうのは、デベロッパーの陰。量とか効率を求めたもので、率直に言えば、ほとんど反宗教的で、お寺がこれまで長い間に培ってきた節度を超えていると思っています。

仲野:その言い方だと、むちゃくちゃお嫌いですよね?

秋田:宗教が大事にしてきたものをかなり否定しているような気がするんですね。駅に近いし便利やん、建物もきれいで気持ちいいやん、というふうにお客様本位で決められていく。だんだん価値観が変わってきているんでしょうね。

井上:いえ、納骨堂を選ぶ人は利便性優先であっても、故人に手を合わせたい気持ちがあってこそだと思います。その部分は、従来のお墓に求めるものと変わらないんじゃないかな。経営主体のお寺が、堂内で法話や写経の会をやり、参加する人もいます。さっきの仲野先生の言葉のように、お参りの回数が増えたという人がとても多いですしね。

関連記事

トピックス