ライフ

東日本大震災 死者の霊と共にあろうとする切実で敬虔な思い

評論家の川本三郎氏

 2011年3月11日に発生した東日本大震災は、多くの日本人に今も深く癒えない傷を残している。忘れてはいけない「平成」の記憶として、評論家の川本三郎氏は、震災後に被災地で多く語られた幽霊談などをまとめた一冊を選んだ。

●『呼び覚まされる霊性の震災学 3.11生と死のはざまで』/東北学院大学 震災の記録プロジェクト 金菱清(ゼミナール)編/新曜社/2200円+税

 3.11のことはいまだに忘れられない。テレビで見る東北の凄まじい惨状に慄然とした。

 俳人の長谷川櫂さんは、その衝撃を俳句ではなく次々に歌にしていった。「短歌は人の心の動きを言葉にして表現することができる。ことに嘆きや怒りといった激しい情動を言葉で表わすのに向いている」から。

「津波とは波かとばかり思ひしがさにあらず横ざまにたけりくるふ瀑布」「かりそめに死者二万人などといふなかれ親あり子ありはらからあるを」「被災せし老婆の口をもれいづる『ご迷惑おかけして申しわけありません』」

 長谷川櫂『震災歌集 震災句集』(青磁社・二〇一七年)はいまもあの日の惨劇を思い出させる。

 3.11のあと宮城県の石巻と気仙沼でタクシーの運転手が幽霊を乗せたという事例があったという。

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト