スポーツ

山根明氏 ボクシング連盟現会長を「海賊」と呼ぶ理由

山根明氏は今も潔白を主張(共同通信社)

 大阪にある自宅でのインタビューの途中、山根明・元日本ボクシング連盟“終身”会長の携帯電話が鳴った。着信音はマフィアの抗争を描いた映画「ゴッドファーザー」のテーマ曲。アマチュアボクシング界のドンとして君臨し、黒い交際を理由に会長職を辞した男にマッチした曲とはいえ、疑惑が疑惑なだけに何かの冗談だろうかと驚かされる。

 スキャンダル禍に見舞われた2018年のスポーツ界にあって、異彩を放っていたのが山根氏である。「日本ボクシングを再興する会」の告発によって、助成金の不正分配や地方組織への過剰な接待要求、山根氏の出身母体である奈良の選手に有利な“奈良判定”など、12項目にわたる疑惑が持ち上がったのは7月のことだった。

 大騒動に発展すると、山根氏は連日、ワイドショーに出演し、元暴力団組長から脅されていると告白したり、突然、家族の名前を一人ひとり挙げたりするなど、生放送もおかまいなし。番組関係者とお茶の間を凍り付かせた。

 山根氏のメディアジャックは、完全に裏目に出たといっていいだろう。ついに8月8日には、暴力団関係者との黒い交際を認め、会長辞任にいたる。

 あれから約5か月。「日本ボクシングを再興する会」の発起人で、日本ボクシング連盟の内田貞信・現会長らを山根氏は「海賊」と表現し、疑惑の一部を除き、改めて身の潔白を主張するのだった。

「人のもんを略奪するんは、海賊や! ええですか、(日本ボクシングを再興する会によって)告発された12項目のうち、わずか1項目(アスリート助成金の不正分配)しか、第三者委員会は私の不正を認めていないんですよ。それ以外はすべてやらせ、作り話や。私は連盟を私物化しようとしたことはありません」

 ただ、話の筋は転々とする。山根氏は「これは初めて口にすること」として、自身のボクシング歴について語り始めるのだった。

「わしをボクシング素人いう人間がおるが、ボクシングもかじったことのない人間が何を言うとんのや! プロで5戦しておる。思い出される最高の舞台は、満16歳の時に出場した大阪府立体育館での試合。大滝三郎と、レオ・エスピノサの東洋太平洋タイトルマッチの前座の試合でした。1万人が見守る中で、リングサイドには力道山がいてね。わしはそれだけで舞い上がってしまった」

 ちなみにその日の試合の勝敗は──。

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン