スポーツ

メイウェザーが「那須川戦」に際し何よりこだわったこと

メイウェザーも“リスク”を考えた?(共同通信社)

 大晦日の『RIZIN.14』の目玉、キックボクシングの“神童”那須川天心(20)と、ボクシング5階級王者フロイド・メイウェザー(41)のさいたまスーパーアリーナでの一戦。最初の発表会見後にメイウェザーが“試合拒否”を言い出すなどの騒動も巻き起こしたが、2019年に向け、すでに「次」を見据えているのだという。中継するフジテレビ関係者はこういう。

「本当に試合が行なわれるのかを巡るドタバタがいろいろとありましたが、問題は15億円以上ともいわれたギャラよりも、“どこまでガチなのか”という点だったようです。『単なるエキシビション』であることを明確に位置づけることにこだわっていたとされています」

 結果として試合はボクシングルールの3分3ラウンドの計9分、ジャッジはなしのエキシビションマッチというかたちに決まった。メイウェザー側にとって、リスクの少ないルール設定にすることが必要だったというのだ。

「というのも、メイウェザーはいま水面下で元世界6階級王者マニー・パッキャオ(40)との再戦プランを進めているとされるのです。2019年中に実現することができれば、おそらく前回と同じく300億円近いファイトマネーが動くでしょう。他にも、UFCチャンピオンとの試合があるという情報も囁かれており、本当にそうしたビッグマッチが控えているのであれば、日本のよく分からない選手との試合で、万に一つも自分の商品価値に傷をつけたくないというのが本音でしょう」(同前)

 米国では名の知られていない日本のキックボクサーに打たれて、「メイウェザー劣化」などと米国のメディアに書かれたら、パッキャオとのビッグマッチの価値が下がってしまうわけである。「メイウェザーもパッキャオももう40代ですから“ロートル対決”とみられたら、試合の価値はがた落ち」(同前)という事情もあるようなのだ。

※週刊ポスト2019年1月1・4日号

関連記事

トピックス

ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
かかりつけ医の見つけ方(写真/GettyImages)
最高の「かかりつけ医」を見つけるために…チェックすべきは「話し方」
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン