• TOP
  • 芸能
  • レイザーラモンRG HGとは「お互い引っ張り上げ合う関係」

芸能

2019.01.02 07:00  NEWSポストセブン

レイザーラモンRG HGとは「お互い引っ張り上げ合う関係」

相方のHGとの関係は?レイザーラモンRGが語る

“あるある”ネタでブレイクした、お笑い芸人のレイザーラモンRG(44才、以下RG)。RG(リアルゲイ)というキャラクターは、相方のレイザーラモンHGが2005年に大ブレイクした際に、先輩芸人に支えられて生み出されたという。そこでRGに、コンビ仲や先輩芸人について聞いた。

――相方・HGさんの大ブレイクについて、どう思った?

RG:「うちの相方面白いだろ」という気持ちしかなかったです。彼の面白さに一番初めに気づいたのは、ぼくですから。大学生のプロレス同好会が一緒で、卒業するときに記念受験じゃないですけど、「お笑いオーディションを一緒に受けへんか?」と誘って、コンビを組んだんです。

――なぜHGさんに声をかけた?

RG:特別に仲がよかったわけじゃなかったんですけど「お笑いが好き」という空気を出していたんです。プロレスで見せる身体能力に加え、笑いも取ろうとしていたんですよ。それに、技がダイナミックで華がありました。ちなみに、後輩には新日本プロレスの棚橋弘至がいましたが、プロレスラーになりたいと言っていたので、誘いませんでした(笑い)。

――HGさんのブレイクにより、コンビの関係性は変わった?

RG:会えない時間が増えた関係で、ギスギスしたところもあった気がします。仲が悪いというほどではなく、ちょっと距離ができたというか。そんなときにプロレス団体のハッスルに参戦して、2人一緒に天龍源一郎さんにボコボコにされたりして、また打ち解けました。

 彼が大ブレイクしたがゆえに、先輩が「お前も頑張ろう、イベント出してやるからキャラ作れ」って優しくしてくれて、そこで市川海老蔵さんのモノマネができ上がりました。RGというキャラも、放送作家さんやディレクターさんが声をかけてくれたのがきっかけです。

――そのときにいちばんお世話になった先輩は?

関連記事

トピックス