芸能

高須院長 前澤社長の1億円お年玉に「金の使い方を知ってる」

高須院長も来年はお年玉企画を実施?

 美容整形外科「高須クリニック」の高須克弥院長が世の中の様々な話題に、思いのままに提言をしていくシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、世間を賑わせているZOZOの前澤社長による「1億円お年玉企画」についてお話をうかがいました。

 * * *
──今年の年始は、ZOZOの前澤友作社長の1億円お年玉企画がネットで大きな話題となりました。前澤社長がツイッターでお年玉企画を告知し、前澤社長をフォローした上で当該ツイートをRTしたユーザーの中から100人に100万円のお年玉をプレゼントするという企画です。最終的にはRT数は545万件以上となり、RT数の世界記録を樹立しました(1月9日現在)。

高須:あれは面白い企画だよね。お金の使い方としてはなかなか賢いよ。だって、宣伝効果はものすごいからね。RT数はもちろんだし、メディアもたくさん取り上げたじゃないの。テレビCMを打つより、何倍も宣伝効果がある。ネットの拡散力の大きさを本当に痛感するね。それこそ、マスメディアよりも社長本人のほうが大きな拡散力を持っているということなんだから、すごいと思う。

 ちなみに、高須クリニックもテレビCMをたくさん出しているけど、こちらは必ずしも宣伝だけが目的ではない。その番組や出演者を応援したいから、スポンサーになっているという要素が大きい。単純に宣伝だけをしたいなら、僕もテレビCMを打つより、ネットでいろんなことをやったほうがいいだろうしね。

──前澤社長のお年玉企画について、院長はツイッターで「面白い」とつぶやいていましたね。ただ、「だったら10人に1000万円あげるほうが夢があるのに」ともつぶやかれていました。

高須:そうそう。いきなり1000万円もらえるほうが、夢があるでしょ。どうせやるなら、できるだけ豪快にやりたい。“100人に100万円”というのは、ちょっとお行儀が良すぎる(笑い)。

 ただねえ、大きな額のお金をプレゼントするのはちょっと難しいんだよ。僕も女子アイスホッケー代表チームに現金1億円を寄付しようとしたら、断られたことがあるしね。いろいろと文句を言ってくる人も出てくるだろうし。そう考えると、100人に100万円というのは妥当なのかもしれないなあ…。企画を成立させたという意味では、前澤社長の選択は正しかったと言えそうだね。

──前澤社長はすでに当選者にダイレクトメールを送っていて、その内容を公開する当選者もいます。一部の分析によると、本名らしきユーザー名を使っていて、なおかつ顔写真を出していて、さらには100万円の使いみちについて、何らかのアピールがあった人が当選しやすかったとの説もあるようです。

関連記事

トピックス

インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
「選挙に強い」後継者は?(時事通信フォト)
安倍晋三・元首相の後継者の条件 選挙に強く、“担がれやすい資質”を持つ政治家
週刊ポスト
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
胃腸薬服用の注意点は?(イメージ)
名医が自宅でのんでいる【とっておきの市販薬】「解熱鎮痛剤」と「鼻とのどの薬」
女性セブン