• TOP
  • スポーツ
  • 巨人OB前田幸長氏 内海哲也の流出は「率直に言って痛い」

スポーツ

2019.01.17 16:00  週刊ポスト

巨人OB前田幸長氏 内海哲也の流出は「率直に言って痛い」

ロッテや巨人で活躍した前田幸長氏(時事通信フォト)

「ブルペン」とは元々、闘牛場で「牛を囲う場所」という意味がある。2019年シーズンの、巨人の“牛”たちは、きっちりゲームを締めくくれるのか。

 ロッテ・中日を経て2002年に巨人入りし、左のセットアッパーとして活躍した前田幸長氏(48)が話す。

「退団したカミネロに替わる抑え候補として、マリナーズから右腕のクック(31)を獲得しました。150キロ超えの速球とスライダーが武器だそうですが、日本での実績がないので、圧倒的な存在感のあるストッパーになれるかどうか」

 勝利の方程式を担っているマシソン(34)が昨年8月に膝の手術をしたことも不安要素だ。そこで、大胆な“配置転換”を提言する。

「上原浩治(43)、澤村拓一(30)、吉川光夫(30)、鍬原拓也(22)らがブルペンを支えることになるでしょうが、最速156キロで生きのいい3年目の畠世周(24)をストッパーにするのはどうか」

 そうした投手陣で意外に影響が大きいのが、炭谷銀仁朗(31)の人的補償で内海哲也(36)が西武へ流出したことだという。

「率直に言って痛い。ベテランの域に入り1年を通じて活躍はできなくなっていたが、彼がひとつでも勝てばチームが盛り上がり、2勝3勝の価値はあった」

 投手陣には課題が多いが「それでも、野手の補強は文句なく、僕は巨人の優勝を予想します」とした前田氏。“打ち勝つ”が新生巨人の目指す姿だ。

※週刊ポスト2019年1月18・25日号

関連記事

トピックス