スポーツ

巨人OB前田幸長氏 内海哲也の流出は「率直に言って痛い」

ロッテや巨人で活躍した前田幸長氏(時事通信フォト)

「ブルペン」とは元々、闘牛場で「牛を囲う場所」という意味がある。2019年シーズンの、巨人の“牛”たちは、きっちりゲームを締めくくれるのか。

 ロッテ・中日を経て2002年に巨人入りし、左のセットアッパーとして活躍した前田幸長氏(48)が話す。

「退団したカミネロに替わる抑え候補として、マリナーズから右腕のクック(31)を獲得しました。150キロ超えの速球とスライダーが武器だそうですが、日本での実績がないので、圧倒的な存在感のあるストッパーになれるかどうか」

 勝利の方程式を担っているマシソン(34)が昨年8月に膝の手術をしたことも不安要素だ。そこで、大胆な“配置転換”を提言する。

「上原浩治(43)、澤村拓一(30)、吉川光夫(30)、鍬原拓也(22)らがブルペンを支えることになるでしょうが、最速156キロで生きのいい3年目の畠世周(24)をストッパーにするのはどうか」

 そうした投手陣で意外に影響が大きいのが、炭谷銀仁朗(31)の人的補償で内海哲也(36)が西武へ流出したことだという。

「率直に言って痛い。ベテランの域に入り1年を通じて活躍はできなくなっていたが、彼がひとつでも勝てばチームが盛り上がり、2勝3勝の価値はあった」

 投手陣には課題が多いが「それでも、野手の補強は文句なく、僕は巨人の優勝を予想します」とした前田氏。“打ち勝つ”が新生巨人の目指す姿だ。

※週刊ポスト2019年1月18・25日号

関連記事

トピックス

大谷翔平の自宅暴露報道が波紋を呼んでいる(写真/Getty Images)
《出禁騒動》大谷翔平を激怒させたフジテレビ、『イット』や『めざまし8』で新居の所在を暴露 メジャー機構も調査開始か
女性セブン
空港で機内にチェックインする際、マスクを外して本人確認をする小室さん夫妻
《現地紙も報道》小室圭さんがNYの高級ホテルで行われた晩餐会に 参加者は日米財界を代表する団体、企業のトップや幹部ばかり
女性セブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
佳子さまを取り上げない「宮内庁の公式インスタグラム」 今後の予定はあるのか?聞いてみた
週刊ポスト
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
《路上で性的暴行》逮捕の「都寿司」店主がわいせつ5日後に「ごちそうさま」SNSアップ 2年前の先代逝去から「人が変わった」
NEWSポストセブン
21歳で4番デビューし、様々な記録を残してきた岡本和真
巨人の4番・岡本和真「6年連続30本」でもそこまで評価されないのはなぜか OBや番記者が指摘「キャラクターで損をしている」
週刊ポスト
加工した自撮り写真や動画をSNSにアップしていた内田容疑者(写真は内田容疑者のTikTokより)
【旭川・女子高生殺害事件】SNSに投稿された“盛れていない写真”でトラブルか 容疑者のスマホには被害者を映した痛々しい動画
女性セブン
性的暴行で逮捕された山縣秀彰容疑者(本人FBより)
20代女性に「1杯どう?」ナンパし性暴行…創業137年『都寿司』若大将の乱倫の夜 妻の女将が語った“店のこれから”
NEWSポストセブン
別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
美人芸妓との真剣交際が報じられた歌舞伎俳優の中村七之助
【童顔なのに抜群スタイル】中村七之助の恋人芸妓「美貌、踊り、話術」天が与えたすごい才能!華麗で過酷な京都の花街でナンバーワンの実力とは
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン