国内

勝谷誠彦さんの盟友が語る、壮絶なアルコール依存との闘い

元気だったころの勝谷さん

 情報番組の辛口コメンテーターとして活躍していたコラムニストの勝谷誠彦さん(享年57)の訃報が報じられたのは昨年11月28日。死因は、急性肝不全だった。

 しかし、「死の魔の手は3年以上前から忍び寄っていた」と言うのは、勝谷さんの20年来の盟友で出版社『世論社』の代表・高橋茂さん。高橋さんは、勝谷さんの死後、彼がアルコール依存症に陥っていたことをウェブメディア『JBpress』に寄稿している。

「勝谷が命を絶たれた原因は、長年の飲酒によるものです。2015年3月に情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)を降板。編成の切り替え時期でもあり、1か月ほど仕事がまったくない状態になりました。その頃うつを発症。次第に酒量が増え始め、昼間から飲むようになりました」(高橋さん・以下同)

 勝谷さんは真面目でストイックな人だった。文筆業で締め切りを一度も破ったこともなければ、取材やテレビ出演で約束の時間に遅れたことなどもない。

 しかし、心のどこかで孤独を抱えていたようで、電話で高橋さんを呼び出し、不安を訴えることも多かったという。

「彼は離婚をしているのですが、その時、『おれさぁ、離婚した時も多分、うつだったと思う。なんだか全部、嫌になっちゃって』と話していました。そのうえ、ぼくが知り合う前にアルコール依存症が原因で母親を亡くしている。彼は母親が大好きだったので、その時も相当なショックを受けたのでしょう。さらに、心の拠り所だった父親も2015年2月に病気で倒れ、1年ほど意識が戻らないまま帰らぬ人に。そのあたりから余計に酒に走るようになったのです」

 冗談か本当かは不明だが、勝谷さんはよく、周囲に『おれは中学生の頃から飲んでいたよ』と話していたという。

「40年以上、まったく休肝日なしで飲んでいたのも、彼にとっては自慢でした。でも、仕事がある時は、『この後、原稿書かなきゃいけないから、酒飲むのやめとく』と言って、プロだなあと感心していたのですが…」

◆肝臓は5倍以上に膨れ上がり、腎臓が機能しない状態に

 仕事の変化、親の病気、自身のうつも重なり、勝谷さんは昼間から酒を飲むようになっていく。

関連記事

トピックス

人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
28年ぶりに『NHK紅白歌合戦』へ出場する篠原涼子
篠原涼子、28年ぶりの紅白歌合戦出場で注目集まる前回超えの「大胆衣装」
週刊ポスト
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
玄関のインターフォンにうつる配達員男性
《告発》「ひとめぼれしました…」60代『出前館』配達員男が女性宅ポストに恐怖の手紙 被害者女性が耳を疑った運営元の対応
NEWSポストセブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
ヒロミと松本伊代
松本伊代「落とし穴」で骨折の重症 収録中に「人間ロケット」花火1万本で大やけどを負った夫・ヒロミの“沈黙”
NEWSポストセブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン