ライフ

少女マンガの傾向は「普通とは何か」を描く、震災以降増加

少女マンガ研究者のトミヤマユキコさんオススメの『セッちゃん』

 東京・神保町にある三省堂書店神保町本店の書店員・新井見枝香さんが2014年に創設した「新井賞」。半年に一度、“いちばん好きな”作品を、芥川賞・直木賞と同日にツイッター上で発表する。受賞作は毎回ベストセラーなるなど、影響力も大きい新井賞だが、今回「第9回新井賞」を受賞したのがはるな檸檬さんのコミック作品『ダルちゃん』(全2巻)だ。すでに10万部を突破した。

  主人公のダルちゃんこと、派遣社員の丸山成美(24才)は、本当の自分を押し殺し、周囲と足並みを揃えて“普通”に生きている。日々感じる生きづらさに耐えつつ、幸せとは何かを模索し、詩を創作することで希望を見出していく…、という物語だ。

 20代女性に向けて描かれたこの作品は、多くの人の共感を呼び、ウェブでの連載中には、14の出版社が単行本化をオファー。ウェブでの連載を終えた2か月後の2018年12月に、異例の速さで単行本が発売された。そして今年1月、読書家の中では「芥川賞や直木賞より影響力がある」とされる文学賞「新井賞」を受賞したのだ。

 結婚、出産、仕事、介護…人生における分岐点の多い女性は、誰もが日常の中に多くの悩みを隠し持つ。普通の毎日こそがドラマの連続なのだ。では、“普通”とはなんなのか。その点にスポットを当て、話題になっている作品が『ダルちゃん』以外にもあると、少女マンガ研究者のトミヤマユキコさんは言う。冬の長い夜、ゆっくり読んでみませんか?

 普通じゃないと幸せになれないのか──。

『ダルちゃん』は、普通になじめないことに苦しみ、本来の自分を隠して“普通の女の子”に擬態することで、幸せをつかもうとするOLを主人公にしている。しかし、「普通の人なんて、この世に一人もいないんだよ」という知人の言葉をきっかけに、普通こそが幻想であることに気づかされ、多くの読者の心をつかんでいる。これに対し、少女マンガ研究者のトミヤマユキコさんは、“これこそ今、主流になりつつある考え方なのでは”と指摘する。

「高度経済成長期以降、日本人の多くが、“普通がいちばん”“普通こそが幸せ”と信じ、普通を目指せばOKと思っていました。しかし今や、普通が特別になってしまったんです」(トミヤマさん・以下同)

 ここ数年は格差社会と呼ばれ、長年勤務しても給料は上がらず、まじめに働いても普通とされる生活水準に届かなくなった。普通の定義が崩れたのだ。

「多くの人が当たり前のようにやっていることをマネすれば幸せになれた時代ではもうないんです。周りに迎合するのではなく、自分の価値基準を持ち、どんな時代にあっても“自立”することが大切なんだとみんな気づき始めた。それが“ダルちゃんブーム”の背景にあるように思います」

 そして、あらゆる角度から“普通とは何か”を描いたマンガ作品が注目されるようになったという。

関連記事

トピックス

岸信夫元防衛相の長男・信千世氏(写真/共同通信社)
《世襲候補の“裏金相続”問題》岸信夫元防衛相の長男・信千世氏、二階俊博元幹事長の後継者 次期総選挙にも大きな影響
週刊ポスト
海外向けビジネスでは契約書とにらめっこの日々だという
フジ元アナ・秋元優里氏、竹林騒動から6年を経て再婚 現在はビジネス推進局で海外担当、お相手は総合商社の幹部クラス
女性セブン
二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ
《独立後相次ぐオファー》二宮和也が『光る君へ』で大河ドラマ初出演へ 「終盤に出てくる重要な役」か
女性セブン
女優業のほか、YouTuberとしての活動にも精を出す川口春奈
女優業快調の川口春奈はYouTubeも大人気 「一人ラーメン」に続いて「サウナ動画」もヒット
週刊ポスト
真剣交際していることがわかった斉藤ちはると姫野和樹(各写真は本人のインスタグラムより)
《匂わせインスタ連続投稿》テレ朝・斎藤ちはるアナ、“姫野和樹となら世間に知られてもいい”の真剣愛「彼のレクサス運転」「お揃いヴィトンのブレスレット」
NEWSポストセブン
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
デビュー50年の太田裕美、乳がん治療終了から5年目の試練 呂律が回らず歌うことが困難に、コンサート出演は見合わせて休養に専念
女性セブン
今回のドラマは篠原涼子にとっても正念場だという(時事通信フォト)
【代表作が10年近く出ていない】篠原涼子、新ドラマ『イップス』の現場は和気藹々でも心中は…評価次第では今後のオファーに影響も
週刊ポスト
交際中のテレ朝斎藤アナとラグビー日本代表姫野選手
《名古屋お泊りデート写真》テレ朝・斎藤ちはるアナが乗り込んだラグビー姫野和樹の愛車助手席「無防備なジャージ姿のお忍び愛」
NEWSポストセブン
破局した大倉忠義と広瀬アリス
《スクープ》広瀬アリスと大倉忠義が破局!2年交際も「仕事が順調すぎて」すれ違い、アリスはすでに引っ越し
女性セブン
大谷の妻・真美子さん(写真:西村尚己/アフロスポーツ)と水原一平容疑者(時事通信)
《水原一平ショックの影響》大谷翔平 真美子さんのポニーテール観戦で見えた「私も一緒に戦うという覚悟」と夫婦の結束
NEWSポストセブン
韓国2泊3日プチ整形&エステ旅をレポート
【韓国2泊3日プチ整形&エステ旅】54才主婦が体験「たるみ、しわ、ほうれい線」肌トラブルは解消されたのか
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン