• TOP
  • 国際情報
  • 韓国フェイク集、旭日旗狩りはサッカー選手のサル真似が発端

国際情報

2019.02.10 07:00  SAPIO

韓国フェイク集、旭日旗狩りはサッカー選手のサル真似が発端

古地図の島の位置を捏造して領土権を主張

【フェイク4】「独島」は韓国領である

◆真実/古地図の島の位置を捏造

 韓国は古文書の記述を根拠に竹島(独島)が韓国領であると主張するが、独島博物館(韓国・鬱陵島)に展示された古地図をベースに作られたレリーフでは、「于山島(独島)」の位置を移動している。

 元の古地図では于山島は鬱陵島の西にあり、現在の竹島の位置にはないため、韓国の主張(独島は鬱陵島の属島で于山島と呼ばれていた)に沿うように改竄しているのだ。

 この改竄を2004年に指摘した竹島問題研究の第一人者、下條正男氏(拓殖大学教授)は「韓国側は改竄をまったく意に介していません。それどころか、2011年から小中高生に対する独島教育に力を入れています」と語る。

◆今でもウソが拡散中

・副教材『独島を正しく知る』を使用して小中高生たちを教育。不法占拠を正当化
・ソウルの独島体験館では中高生のボランティアを動員し韓国領であることを説明

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス