芸能

中居正広、ピリつく警官を笑顔にするさすがの「仕切り力」

警官は中居とわかると柔和な表情になり、にこやかに対応する

 翌日は都心でも積雪の予報が出されていた。足早に家路につく人が多く、いつもより人通りが少ない。2月8日の夜。寒空とは対照的に、都内某所にある居酒屋は芸能人たちの熱気でむせ返っていた。

「午後9時くらいかな。中居さんやお笑い芸人さんたちが10人ぐらいで入ってきたんです。奥の座敷に座ったんですが、さすがにみんなすごいおしゃべりで(笑い)。座敷の外にまで声が響いていました。特に中居さんはすでにお酒が入っていたのか、陽気な様子で話していました。あの特徴ある声で『おれ、ハイボールね』と注文する声が聞こえた時は、テレビと同じだ!と感動しました(笑い)」(居合わせた客)

 メンバーは中居正広(46才)のほか、陣内智則(44才)、ザキヤマことアンタッチャブルの山崎弘也(43才)、おぎやはぎの矢作兼(47才)、タカアンドトシのトシ(42才)、ハリセンボンの近藤春菜(35才)ら、人気芸人たちだったという。

「このメンバーは中居さんがメインMCを務める『ナカイの窓』(日本テレビ系)の出演者たちです。『ナカイの窓』は3月いっぱいでの打ち切りが決まったと報じられていますが、その打ち上げだったとか。深夜帯(午後11時59分放送)で視聴率は7%程度はあったし、その数字はほかの番組と比べてもそれほど悪くはありません。テレビ業界関係者からは『なぜ?』といぶかる声も上がっています」(テレビ関係者)

 突然の打ち切りと関係があるのだろうか。この夜の飲み会では、テレビでは言えないような本音トークが飛び交っていたという。

「特に盛り上がっていたのは、ギャラに関する話でした。中居さんが陣内さんに“(取り分は)事務所が9で芸人が1なんだろう?”と聞いたら、陣内さんが“それは違います。上の立場になれば、案件によって、かなりもらえるんですよ”と熱心に説明していました。それを聞いた中居さんは“なんだよ、全然いいじゃないかよ!”と突っ込んでいましたね。ほかの事務所のギャラ事情についても言及していて、みなさん興奮気味に話していました。

 中居さんは“もうCDが全然売れない。1万枚売れればすげ~時代なんだぜ”と音楽業界の現状についても熱く語っていましたよ」(前出・居合わせた客)

 一方で、お笑いに関しても熱心に持論を展開していたという。

「“おれは南海キャンディーズの山ちゃんはすごいと思ってる”と山里亮太(41才)を褒めちぎったり、“『M-1』っていい番組だよね。しびれるよね”と、『M-1グランプリ』を高く評価したりしていました。その都度、矢作さんが“はいはいはい”“なるほどなるほど”なんて大きなリアクションでうなずいていた(笑い)。中居さんはザキヤマさんや陣内さんが話している時には、絶妙なタイミングで合いの手を入れてトークを盛り上げていて、飲み会でも番組MCさながらでした」(前出・居合わせた客)

関連記事

トピックス

デザインした服は多くの芸能人にも愛された三宅一生さん(写真は2001年、時事通信フォト)
イッセイミヤケ、芸能人にもファン多数 美輪明宏、楠田枝里子…愛された理由 
NEWSポストセブン
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
最近は工場勤務だった山上容疑者(中学生の頃の容疑者。卒業アルバムより)
山上徹也容疑者の母親は会見で何を語るのか 伯父の家を出て「大阪の支援者」のもとで過ごす今
NEWSポストセブン
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
海賊版サイト「漫画村」に無断掲載され、約19億円の損害賠償の対象となった漫画作品(時事通信フォト)
漫画の海賊版被害 深刻なダメージを受けているのは有名作品だけではない
NEWSポストセブン
語学力抜群の小島瑠璃子
小島瑠璃子が中国留学を発表 語学レベルは「北京・清華大学も射程圏内」の驚異
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
姉妹でCMギャラに差も?(左から広瀬アリス、広瀬すず/時事通信フォト)
広瀬アリス・すず、上白石萌音・萌歌 妹のほうが“CMギャラが高い”理由
週刊ポスト
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
起用でも二転三転が目立ち、ファンから戸惑いの声(時事通信フォト)
最下位低迷の中日 立浪和義監督の采配に「目指す野球の方向性が見えない」の指摘
NEWSポストセブン