国内

10人に1人が100才以上の長寿村 血管年齢の若さが関係か

長寿の秘訣は血管年齢の若さ?(写真/アフロ)

「長寿村」と呼ばれる小さな集落が、イタリア南部にある。人口700人、10人に1人が100才以上であり、そのほとんどが心身ともに健康に暮らしているこの村は、これまで幾度となく、長寿の秘訣をひもとくための調査の対象になってきた。

 実際、「村で採れたオリーブをよく食べることが理由」「気候も影響しているのでは?」「ストレスのない暮らしが秘訣ではないだろうか」など、諸説発表されている。

 その中でも、もっとも新しく、また多くの注目を浴びているのが、米カリフォルニア大学が発表した「長寿村の住民は『血管年齢』が若い」という研究結果だった。通常であれば高齢になるにつれ衰えがちな血管が、長寿村に住む高齢者たちは非常に若く保たれており、中には20代と同等の血管を持つ人もいたという。

「血管の若さは健康と密接な関係がある」──そんな仮説が、医師や研究者たちの間で話題となり、調査が進んでいる。

 自治医科大学名誉教授で新小山市民病院院長の島田和幸さんが解説する。

「皮膚が年齢とともに老化していくように、年を重ねれば血管もまた体の中で確実に古くなっていきます。皮膚は老化しても命に影響を及ぼすことはありませんが、血管の老いは直接、病気に関係します。だからこそ自分の血管年齢を把握し、対策をとることが必要なのです」

 最新の知見により、血管は“パイプ”の役割のほかにもさまざまな機能を持ち、内臓をはじめとした体の各部位に大きな影響を及ぼしていることが明らかになってきた。

 つまり、せっかく心臓が送り出してくれた血液も、血管に異常があったり、老朽化して機能が衰えたりしていれば、体に悪影響を及ぼすことになるわけだ。

 肌のように目に見える場所で、自分でチェックできるなら別だが、体内の異常や老いは、自覚することが難しい。しかし、1日10万回も心臓が動くうち、音もなく、確実に血管は老いてゆくのだ。

◆ボクサーのジャブを脳に受け続ける

 見えないからこそ恐ろしい「血管の老い」だが、そもそもそれを測る「血管年齢」とは何なのか。

 約20年にわたって、血管年齢を研究している産業技術総合研究所(茨城・つくば)の人間情報研究部門主任研究員・菅原順さんが解説する。

「本来はしなやかである、大動脈や頸動脈などの 『血管の壁』は加齢によって次第に硬くなっていきます。その進行度合いを、“年齢”というなじみ深い指数で表したものが『血管年齢』なのです。過去に蓄積された多数の測定データから、『血管の硬さの指標がどのくらいならば、何才に相当する』と年齢に当てはめているわけです」

 当然、「血管年齢」の高さと病気の罹患リスクは比例する。

「血管年齢が高くなるほど心臓や血管に関係する病気になる可能性が上がります。つまり、自分の血管年齢を知ることは、現時点でどの程度、病気になるリスクがあるのかを知る目安にもなるのです」(菅原さん)

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
今は「芸人部署」に所属している久代萌美アナ
久代萌美、亀井京子アナも 女子アナ獲得の吉本、テレ東のエースアナにも注目
NEWSポストセブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
最新「地下天気図」
地震活動を予測する最新「地下天気図」 京都、紀伊水道に新たな異常発生か
週刊ポスト
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
選挙活動中に有権者に抱き付かれる女性候補者の様子を再現した動画[内閣府提供](時事通信フォト)
選挙活動で顕在化する「票ハラスメント」 政党や後援会の意向も要因に
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト