芸能

なぜBLはここまで注目される? BL研究家ら専門家の見解

なぜBLに注目が集まるのか?研究者が見解を語る

 ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)は、これまでBLに触れてこなかった人々も巻き込んで大きなブームになった。さらに、『きのう何食べた?』(テレビ東京系、よしながふみ著・講談社)が4月にスタートを予定し、映画『窮鼠はチーズの夢を見る』(水城せとな著・小学館)が2020年に公開される予定だ。

 なぜ、こんなにもBLへの注目が集まっているのだろう?

 現実の恋愛がうまくいかなかったり、「女らしさ」に自信が持てない女性は、BLでは素直になれるという面もある。『BL進化論 ボーイズラブが社会を動かす』(太田出版)の著者で、BL研究家の溝口彰子さんが指摘する。

「BLの根底にあるのは、自分が女性であるという現実を脇に置いて、物語に逃避できることです。モテる女性キャラクターが出ると自分と違いすぎてつらいけれど、BLならば男同士だから“神の目線”でも楽しめます」

 一方で、今も根強い「性差」の影響もありそうだ。男女平等が進んだとされる現在も、女性は家事や育児などの役割を求められることが多い。だがBLでは、「性的な役割分担」が存在しない。

「男女のカップルだと、掃除、洗濯、料理などの家事は自然と女性が背負うことになりがちですが、男性同士だと、得意な方がやるというスタイルなんです。またBLの登場人物はカップル両方が外で働いていることが多く、共働きが当たり前となっている現代女性読者は共感しやすいという声もあります」(溝口さん)

 都内在住の50才主婦は、「男同士の対等な関係に憧れます」と語る。

「男同士が思い合う心の間には、女性と男性の間に多く存在するようなある種の上下関係がないような気がします。もちろん上司と部下という関係があっても、1つの目標に向かう意味では五分と五分で対等な感じ。たとえ恋愛でなくても、そうした男性同士の間に見られる互いへのリスペクトに惹かれるんです」

 日本では、まだ多くの女性が「生きづらさ」を抱えているという社会背景もある。

『恋と軍艦』(講談社)で同性愛を描いた漫画家の西炯子さんが指摘する。

「BLが日本で発達したのは、日本社会は女性であるだけで生きづらいからです。女性であるがゆえに思うように生きられない苦しみは、同性愛であるがゆえの苦しみと重なります。だから多くの読者は、BLの登場人物に自分自身の苦しみを見出して共感し、ハッピーエンドを望むのです」

 実際、世界経済フォーラムによる「男女平等ランキング2018」では、日本はG7のなかで圧倒的最下位の117位だった。

 明治大学で「ジェンダーと表象」を教える藤本由香里さんも、「日本の女性はさまざまなことに縛られている」と指摘する。

関連記事

トピックス

殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
所属部署ではアソシエイト
ゆとりある働き方を実践する小室圭さん 所属する法律事務所が生成AIを使ったサービス導入で仕事を奪われる可能性浮上
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
長所は「どこでも寝られるところ」だと分析された(4月、東京・八王子市。時事通信フォト)
愛子さま、歓迎会の翌日の朝に遅刻し「起きられませんでした」と謝罪 “時間管理”は雅子さまと共通の課題
NEWSポストセブン
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
【全文公開】中村七之助、梨園きってのモテ男が“実家お泊り愛”の真剣交際 お相手は京都の芸妓、直撃に「ありがとうございます」
女性セブン
日本中を震撼させた事件の初公判が行われた
【悲劇の発端】瑠奈被告(30)は「女だと思ってたらおじさんだった」と怒り…母は被害者と会わないよう「組長の娘」という架空シナリオ作成 ススキノ事件初公判
NEWSポストセブン
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン