• TOP
  • 国際情報
  • 中国大連でゴマフアザラシの赤ちゃん100頭密猟 38頭死亡

国際情報

2019.03.09 07:00  NEWSポストセブン

中国大連でゴマフアザラシの赤ちゃん100頭密猟 38頭死亡

ゴマフアザラシの密猟で10人以上を逮捕

 中国東北部・遼寧省大連市沿岸に設定されているゴマフアザラシ保護区の長興島で、100頭のゴマフアザラシの赤ちゃんを密猟していたとして、大連市警察本部はこれまでに10人以上の地元民を逮捕していたことが分かった。

 密猟のために使われていた古い小屋の中に100頭のゴマフアザラシがいたが、そのうち29頭が死んだ状態で発見された。他のアザラシも大連市内の水族館などに送られたが、このうち9頭が死亡したという。

 大連付近の渤海の遼東湾付近はゴマフアザラシの保護区となっているが、地域住民らは保護区から少し離れた海域で密猟していた。警察当局は海面が凍っていたため、船による巡視ができなかったとしているが、中国の保護動物であるゴマフアザラシ38頭が死んでいるため、警察当局の監視体制の甘さを批判する声が出ている。

 大連の保護区には約3000頭のゴマフアザラシが生息しているとされるが、このところ密猟が絶えないという。

 もともとゴマフアザラシのオスは食用のほか、精力剤として捕獲されていた。とくに、ペニスを原材料として、乾燥させて、漢方薬とブレンドした精力剤も市販されている。警察によると、ゴマフアザラシ1頭のペニスは1万元(約17万円)から3万元で取り引きされているという。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス