ビジネス

大きいサイズの服専門店が増え小さいサイズ専門店がない理由

小柄な女性は洋服選びに苦労している

 ようやく春らしい気候になり、春物の洋服を新着しようと買い物に出かける人も多いだろう。だが、自分の体系にぴったり合う洋服がなかなか見つからないと嘆く人もいるはず。近年はメンズでもレディースでも大きなサイズの専門店はあっても、逆に小さなサイズを豊富に取り揃える店は数少ない。一体なぜなのか。ファッションジャーナリストの南充浩氏が解説する。

 * * *
 洋服は極めてサイズに厳格な衣服だといえます。布を巻き付ける方式の民族衣装なら、ある程度のサイズは調整できますが、洋服はそんなわけにはいきません。とはいえ、完全に体に貼りつくほどのジャストサイズだとレオタードみたいになってしまいますから、幾分かのゆとりがなくてはなりません。

 洋服の場合、平均的な体型を集めたJIS規格というものが存在し、それを基にSMLなどのサイズが決められています。ただし、このサイズはブランドごと、洋服のデザインごとに少しずつ異なり、例えばユニクロのMなら着られるけど、若者向けブランドのMだとピチピチになってしまう──ということは珍しくありません。

 しかも、近年はJIS規格のSMLでは間に合わない体格の人も増えています。とくに街中を見ていると170cm前後ある背の高い女性が増えたと感じます。こうした長身の女性はJIS規格のLサイズでも手脚の長さが足りません。

 最近ではベルーナやベルメゾンなどの通販ブランドによっては、Mサイズだけど背の高い人向けに「TM」というサイズの商品も販売されています。このTとは「tall(背が高い)」の意味で、「TM」とは「tallなM」を示しています。

 このほかにも身長は平均的だけど非常に恰幅の良い女性もおられ、そういう人向けにはLL、3L、4Lなどのラージサイズが一部のブランドからは展開されています。ラージサイズの需要は確実にあるものの、そのサイズを展開しているブランドの数はあまり多くないことから、買い物難民が発生しやすい状況にあります。逆にそれを扱っているブランドやショップを見つけることができれば、選択肢が少ないこともあり、ロイヤルカスタマーになってくれます。

 こうした需要は決してマスでボリュームゾーンにはなりませんが、常に一定数量あります。ですからそれを取り込もうとする企業がそれなりに現われ始めています。

関連キーワード

関連記事

トピックス

(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
初の食事を伴う公式行事として、ケニア大統領夫妻との昼食会に臨まれた(2月、東京・千代田区。代表撮影/時事通信フォト)
愛子さま、天皇皇后両陛下の被災地訪問にご同行への期待 先延ばしになっていた“お伊勢参り”も実現か
女性セブン
大谷翔平を拝めるスポットやゆかりの地はどこか
ロサンゼルスの“大谷翔平スポット”を紹介 「壁画」「コーヒーチェーン」「大谷丼」「山本由伸と食事をした日本食レストラン」など
女性セブン
大谷翔平(時事通信フォト)
【大谷翔平が被害】韓国メディアがドジャースのクラブハウスで無断撮影、着替え動画公開で出禁 現場を荒らす行為に番記者たちも怒り心頭
女性セブン
子供6人を育てる谷原章介
《独自》谷原章介のイケメン長男が芸能界デビューへ「好きなドラマ」には『未成年』と回答「俳優の父の影響で…」 谷原は「自分の力で頑張って」と認める
NEWSポストセブン
政倫審に出席しない萩生田氏
政倫審にも出席せず 安倍派5人衆で「萩生田光一・前政調会長だけがレクの時に“心ここにあらず”の様子」のワケ
NEWSポストセブン
映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン