• TOP
  • ライフ
  • 鍼灸師・高田香菜子さん「多いと100本打つことも」

ライフ

2019.03.14 16:00  週刊ポスト

鍼灸師・高田香菜子さん「多いと100本打つことも」

太子橋鍼灸整骨院で働く高田香菜子さん

 これまで鍼は肩こりや腰痛治療に利用されてきたが、ここ数年で顔に鍼を打つ女性向け「美容鍼」の需要が高まり、鍼灸師が年々増加。全国5万5000店舗あるコンビニより、鍼灸院の数の方が多いという。高田香菜子さん(31)は鍼灸師で、夫が院長を務める大阪・守口市の太子橋鍼灸整骨院に勤務。高田さんが語る。

 * * *
 試験に受かったから「はい、プロです」と簡単にいかないのが鍼灸師の仕事です。経験を重ねながら学び続ける。新人だった10年ほど前は、未熟な私の技術が患者さんに効いているのか、不安を感じたこともありました。

 鍼は冷え性、肩こり、腰痛など、身体全体の悩みに即効性があります。美容鍼が専門ですが、実は一番多い症状は肩こりです。五十肩で筋肉がこわばって腕が上がらない患者さんも、鍼治療で驚くほど改善します。

 意外かもしれませんが、全身のツボの位置はその日の体調によって変わります。身体に触れると感覚で位置が分かるので、体の状態を見ながら1回の施術で通常60~80本、多いと100本打つこともあります。ツボに入るとわかるので、 “これは治せる!”と思いながら鍼を打つのは楽しいです(笑い)。

『太子橋鍼灸整骨院』
住所:大阪府守口市京阪本通1-3-10
営業時間:9~21時
休:月午前・土午後・日

撮影■太田真三 取材・文■戸田梨恵

※週刊ポスト2019年3月22日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス