• TOP
  • ライフ
  • 堀ちえみの「舌がん発覚」から得られる教訓

ライフ

2019.03.18 16:00  週刊ポスト

堀ちえみの「舌がん発覚」から得られる教訓

銀歯の突起が原因と思われる舌がんの患者(提供/静岡がんセンター・鬼塚医師)

「口腔がんの原因は、歯に関係するものが非常に多い。特に舌がんは、誰にでも起こりうる。若い人も年配の人も可能性があります」

 口腔がんのスペシャリストである、静岡がんセンター・鬼塚哲郎医師(頭頸部外科部長)は、2014年の勉強会で衝撃的な画像を提示した。

「患者は50代男性。舌の一部が白く変色して、浅い潰瘍になっていました。ここの痛みが1か月以上治らない。よく見ると、銀歯の尖った部分が舌に接触して病変ができていました。がんの可能性が高いので、検査と治療を兼ねて大きめに切除したところ、約1cmの早期舌がんでした」

 鬼塚医師は、通常の口内炎は2週間程度で治るので、1か月以上同じ場所にある口内炎は注意が必要、と付け加えた。

 銀歯の突起が常に当たることで、がんを引き起こすことは、あまり知られていない。そこで鬼塚医師に、詳しく尋ねてみた。

「慢性的な刺激が発がんに関与することは、教科書などに記載されています。突起があるような銀歯など、銀歯が何かしら関係したと思われる舌がんを、30症例以上診てきました。口腔粘膜の前がん病変がある方で、銀歯を外し、セラミックやコンポジット・レジンに変えると、症状が軽快したという患者さんもいらっしゃいます」

関連記事

トピックス