• TOP
  • ライフ
  • 『続 横道世之介』 就職に失敗、バイトとパチンコの日々描く

ライフ

2019.03.30 07:00  女性セブン

『続 横道世之介』 就職に失敗、バイトとパチンコの日々描く

『続 横道世之介』を上梓した吉田修一さん(撮影/五十嵐美弥)

【著者に訊け】吉田修一さん/『続 横道世之介』/中央公論新社/1728円

【本の内容】
〈一応大学は卒業したものの、一年留年したせいでバブル最後の売り手市場にも乗り遅れ、現在バイトとパチンコでどうにか食いつないでいる二十四歳〉となった横道世之介。そんな人生のダメな時期の1年間を描き出す。パチンコ屋で知り合った女性、大学時代からの友人、一目惚れしたシングルマザー…。一向にうだつが上がらない、でもだからこそ交わり過ごした濃密な日々。誰にでもある“あの頃”がきっと愛おしくなる青春小説の傑作!

 横道世之介が帰ってきた。映画化もされ、吉田修一作品の中でも読者の人気の高いキャラクターだが、吉田さん自身は続篇を書くことになるとは思っていなかったそうだ。

「横道世之介に久しぶりに会ってみたくなった、という感覚ですね。新雑誌の連載を頼まれて、どうしよう、誰か伴走してくれないかなと思ったとき、ふっと世之介を思い出したんです」

 前作では18歳の世之介が大学に合格、上京した最初の一年が描かれた。続篇の世之介は24歳。大学を卒業したものの就職に失敗、パチンコとバイトの日々を送る。

「何をやってもうまくいかない時期ってあるじゃないですか。ぼく自身の24、25歳もまさにこんな感じだったので、スランプの一年に世之介を立たせてみようと思ったんですね」

 前作同様、小説には2つの時間が流れる。24歳の世之介の一年間に、少し先の2020年の時間がところどころ挿入されるのだ。東京ではオリンピックが開催中で、24歳の世之介と一緒にいた人たちが、いまはいない彼のことをそれぞれの場所で懐かしく思い出す。

「この構成は自分なりの発見で、ただ、一回きりしか使えないと思ってたんです。今回、少しだけ未来から回想する形で書いてみたら意外にハマりました」

 彼を懐かしむ人が「奇跡」と評した愛すべき善良さが世之介の持ち味。スランプの時期でも出会いを引き寄せて、シングルマザーの恋人ができ、彼女の子どもをかわいがる。彼の周りには、いつも笑いがあふれている。

「世の中がどんどんギスギスしている印象がありますよね。善良だけでは生きていけないのはわかるけど、善良であることをあきらめてはいけないっていうのも、書きながらずっと考えていました」

 前作も続篇も、店の名前や新しい風俗など時代の空気が絶妙に織り込まれているのも楽しい。

「高校生の頃からずっと短い日記をつけてるんですよ。どこへ行った、誰と会った、って、数行書いているだけなんですけど。資料や年表も見るけど、こまごましたことはそこには出てこないので、自分の日記を参考にします」

 30歳、40歳になった世之介にもぜひ会ってみたくなる。

◆取材・構成/佐久間文子

※女性セブン2019年4月11日号

関連記事

トピックス