ライフ

あさのあつこ、坂東眞理子『70歳のたしなみ』をどう読んだか

「70代」を語る作家のあさのあつこさん

 平成が終わる。この30年で少子高齢化は大きく進み、人生100年時代が現実のものとなった。それにひきかえ私たちの心は昭和の頃と同じで、人生70年時代とまるで変わっていないのではないか──そんな問題意識のもとに綴られた昭和女子大学理事長・総長で330万部超のベストセラー『女性の品格』(PHP新書)著者・坂東眞理子さんの新著『70歳のたしなみ』(小学館刊)が早くも重版するなど、大反響を呼んでいる。幸せな高齢期を送るために本書から何を学び取ればいいのか。『バッテリー』などの著書で知られる作家・あさのあつこさん(64才)が綴った。

 * * *
『70歳のたしなみ』は、「高齢者」とくくられてしまう70代に対し、「生きる」ことをちゃんと考えようよと語りかけている、とても珍しい本です。書店に行けば、高齢者に向けた、遺言の書き方や墓仕舞いなど「死ぬ」ことに向かって書かれる本が並んでいます。それを見ていても、まるで先が見えてきている高齢者には生き方を問う必要がないと言わんばかり。そんな中、この本では70歳になっても80歳になっても人としてのたしなみを生き方によって新しく得ることができるということを教えてもらえます。

 先生が本書で「素晴らしい高齢期を生きる人を探す」と書いているような70代は周りにはいませんが、あえて挙げるなら、4歳上の姉でしょうか。第1章の冒頭、「意識して上機嫌に振る舞う」は、日々を機嫌良く過ごすことで、周りや自分自身が心地良くいられるというお話でした。これを読み、姉のことが思い浮かびました。

 私は、姉が機嫌の悪い時を見たことがありません。亡き母の介護をほぼ1人でがんばってくれていた時ですら、愚痴一つこぼさない。介護期終盤には、母にアルツハイマー型認知症の症状も出ていたので、「私、代わろうか?」と手助けを申し出たことがあります。その時も、「大丈夫。お母さん、子供みたいなこと言うから面白いんじゃ。あんたは仕事あるからいいよ~」とあっけらかん。私だったら、「私ばっかりに押しつけて」とかぶつぶつ言ってしまいそうですが、姉には全然そんなことがないんです。

 そんな姉は今、70歳手前にして、「ちょっと行ってくるわ」と言い、トルコに一人旅に出かけました。彼女は昔から、アフリカの僻地に行ったり、インディアンの部落に半年間入り込んで一緒に暮らしたりして周りを驚かせていました。この先も世界各国を飛び回るため、体力作りの水泳と英会話は続けているんですよ。姉はまだ68歳ですが、きっとこの本に登場する70代、80代のように、老いも含めて前向きな高齢期を過ごすのだろうと思います。

関連キーワード

関連記事

トピックス

映画『ウィンターソング』に出演した金城(2006年撮影)
《SNSを駆け巡った俳優・金城武の結婚》お相手は元日テレの人気女性アナウンサー、所属事務所は「面識もない」全否定の真相
NEWSポストセブン
CM出演を皮切りにドラマや映画など幅広く活躍し最近では歌も
岡田奈々、48年前リリースの『青春の坂道』が時代を超えてストリーミングで1100万再生 本人が語る「感謝」
NEWSポストセブン
ミスコン時代の高橋茉莉氏
《ビキニ現場も全力》公認取り消しの元アナ高橋茉莉氏「手書き自己PR」で綴った「グラビアは要相談」「あわよくばしっかり稼ぎたい」芸能活動時代の「とにかく売れたがっていた」素顔
NEWSポストセブン
再再婚が噂される鳥羽氏(右)
【ダブル不倫の代償】広末涼子、損害賠償の分担は「前事務所と合意のうえ退所」 思わぬ形で公表された「4000万円」のけじめ
女性セブン
大谷翔平を見る方法は
大谷翔平を“少しでも安く生で見る方法” 韓国の開幕戦70万円ツアーはやや割高、本拠地LAまでの飛行機はエコノミーなら10万円台も
女性セブン
話題のドラマに本当に”不適切”なシーンとの指摘(公式サイトより)
『不適切にもほどがある!』で本当に”不適切表現” 在宅酸素療法中に近くで阿部サダヲがタバコに火、医師は「危険」と指摘 TBSは“お詫び”掲載
NEWSポストセブン
山根夫妻。奥様が明かす最期の瞬間
逝去の山根明さん 妻が明かした「男・山根」の最期の瞬間 意識もうろうとする中、娘の声かけに涙がこぼれ落ちた
NEWSポストセブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
角谷暁子アナ(テレビ東京の公式アナウンサーサイトより)
YouTube動画が100万回再生 テレ東・角谷暁子アナ4月改編で抜擢期待も「超セレブ生活」の不安材料
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
【追悼】山本陽子さん、ショックを受けた岡江久美子さんとの別れ 親しい人を相次いで見送り、孤独死対策も考えていた
女性セブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン