国内

高齢者狙う詐欺の最新手口 次は「オリンピック詐欺」流行か

詐欺犯はそのときどきの時事ネタを絡めた嘘の話を持ち掛けてくる(写真はイメージ)

 今年2月、東京都在住の50代女性が、「海外に新しい国をつくるから資金援助してほしい」ともちかけられ、5000万円を騙し取られたという詐欺事件が報じられた。こんな荒唐無稽な話に騙される人がいることに驚くが、詐欺犯らの話が巧妙だったのだろう。

 これは投資詐欺の一種だが、最近の特殊詐欺は巧妙かつ狡猾になり、人の虚を突く想定外の手口で騙しにかかってくる。警察庁の統計によれば、平成30年の特殊詐欺の認知件数は1万6493件、被害額は約356億8000万円に上るという。

 特殊詐欺などの被害に遭わないようにするためには、その手口を頭に入れておくことが第一歩となる。高齢者を狙った実際の事件について、その最新手口を紹介する。金の受け取り手段を、ATMを利用した銀行振り込み以外の方法に変えてきているのが最近の傾向だ。

●カードすり替え

 警察や金融庁、金融機関を名乗る人間が電話をしていて、「個人情報が漏れて、口座からお金が引き出されている」と告げる。その後、家にやってきて、「キャッシュカードと暗証番号を記入した紙を封筒に入れてください」と指示。隙を見て封筒をすり替え、「封筒を開けないように」と言い残して帰る。

 今年1月には、神戸市垂水区の80代女性がこの手口で400万円を騙し取られた事件が起きている。最初に、地元の警察署員を名乗る女が電話をかけてきて、「あなたの個人情報が漏れている。金融庁の職員を向かわせる」と伝え、その後、金融庁の職員を名乗る男が自宅にやってきて、キャッシュカードを封筒に入れて保管するよう指示。不意に、「ペンを忘れました。貸してくれますか」と言いだし、女性が奥へペンを取りに行った間に封筒をすり替え、封筒を開けないように伝えて帰っていく。

 キャッシュカードと暗証番号を盗み取り、被害者が気づく前に出金してしまうわけだ。次の手口も同様に、キャッシュカードを盗んでいく手法である。

関連キーワード

関連記事

トピックス

井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
元タレント、アスリートから党首まで…参院選注目の女性候補者たち
女性セブン
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
スコア100切り達成、鷲見玲奈アナ 休日に友人と猛特訓の「ゴルフ愛」
NEWSポストセブン
佐々木朗希の投球動作
佐々木朗希のフォークは「もっとよくなる!」 フォークの神様・杉下茂氏が提言
NEWSポストセブン
「ハウル・カラシニコフ」こと小川雅朝容疑者(本人の公式Twitterアカウントより)
NHKも騙されていた 淫行で逮捕「トー横のハウル」の巧みなメディア統制
NEWSポストセブン
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
沈黙を続ける井上陽水 16才の孫娘がデビューに向けて着々と準備か
女性セブン
台湾、日本で人気沸騰の林襄
台湾プロ野球の可愛すぎるチアリーダー・林襄 ダンス練習と読書を欠かさない努力家
週刊ポスト
『相棒』起用が発表された寺脇康文
寺脇康文の『相棒』再登板が示した「不仲説」のウソと“消えた”相棒候補たち
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
井上陽水
井上陽水が進める引退への準備 個人事務所の社長は辞任、連絡が取れない状態か
女性セブン