• TOP
  • 芸能
  • 元グラドル小阪有花が語る「療養の日々、保育への思い」

芸能

2019.05.06 16:00  NEWSポストセブン

元グラドル小阪有花が語る「療養の日々、保育への思い」

うつ病と戦いながら保育の仕事にまい進した

「小阪由佳」あらため、「小阪有花」。かつてグラビア界を席巻した彼女は、2009年に芸能界を突然引退。現在は、保育の仕事に奮闘している。保育業界への転身を考えていた頃、芸能界引退後の激太りや奇行を報じた記事がインターネットに残り続けていることから、いくつもの保育園から不採用となっていた小阪。諦めず就職活動を続け、ようやく保育補助のアルバイトに採用されたという。本人が語る。

「そこで3~4年働かせてもらいました。極限状態までうつ病が悪化した後でしたが、働き始めて改善に向かいました。自分の好きなことをやっていると良くなっていくものなんですね。対人恐怖症はまだ治ってなかったので、他の保育士さんと話すのは最初は難しかったんですが、子供とは話せたんです。嘘がないってわかるから」(小阪、以下同)

 だが、仕事を続ける中で、他の先輩保育士らの子供との接し方に疑問を感じたり、保育の仕事そのものの問題点も徐々に見えてきた。自分の意見を言いたいが、小阪は保育補助という立場であり、園の運営にまで関わることができない。そこで考え付いたのが“自分で保育園を作ること”だったという。

「本来、不満や希望があれば、他の園に移ればいいだけの話なんですが、私の場合は、ここを辞めたらまた誰も雇ってくれない日々に戻ってしまうかもしれない。それならもう自分が働ける場所を作るしかないと思ったんです。

 自分がやりたいことをやりたいんだったら、雇われるという考え方を変えなきゃダメだと。どうしようと考えていた時、ちょうど激太りからのダイエットに成功していたため、書籍出版や美容の仕事のオファーをいただいたんです。保育補助の仕事から一旦離れて、美容関連で活動しながら稼いで、保育園を立ち上げるための準備を始めました」

関連記事

トピックス