• TOP
  • ライフ
  • ニッチロー’が紹介、豊洲市場の絶品カレーや海鮮丼の数々

ライフ

2019.05.14 16:00  女性セブン

ニッチロー’が紹介、豊洲市場の絶品カレーや海鮮丼の数々

ニッチロー’が豊洲市場の絶品カレーや海鮮丼を紹介!

 昨年10月にオープンした豊洲市場。大混雑だったために、敬遠していた人もいるのでは? しかし、今は見学者向けの施設や飲食店も少しずつ落ち着き、訪れるなら今がチャンス。2020年東京五輪も目前に迫り、まだまだ開発が進む豊洲! 「お寿司とトレーニングが命!」というニッチロー’さんと巡って来ました!

◆中栄
「市場で働く忙しい人達のために、創業当時から早い、安い、旨いを提供しています。山盛りのキャベツにカレールーを絡めて食べるのが、中栄流なんですよ」(店主・円地政広さん)

 かに、えび、帆立など魚介の旨味がたっぷり。『築地魚河岸シーフードカレー』は1000円!」

【店鋪情報】
水産仲卸 売場棟3階 5:00~14:00

◆晶

『六法』(3600円)は最後にだしをかけて味の変化を楽しもう

 海鮮丼『六法』は、中央に大トロなどの魚の切り身とねぎとろ、かに身が盛られ、周りをいくらとうにが囲むという贅沢な一品。いくらの上にちりばめられたうには、産地や製法が違う2種類以上を使用。食べ比べができるのもここならでは。魚介のあらで取ったごまの香り豊かなだしをかけると、風味が何倍にも増す。

「握りはネタによってしょうゆや塩を使い分け、味を付けて出しています」(板前・小野岡さん)

【店鋪情報】
水産仲卸売場棟3階 6:00~15:00

◆岩佐寿し

『店長おまかせにぎり』(4320円)

 毎日8~10種類仕入れる貝は、目利きの仲買人でもある女将さんが厳選した、その日一番のネタばかり。貝が堪能できる握り、『貝づくし』(4320円)も評判。

 自身のブログ『春は築地で朝ごはん』で飲食情報などを発信しているつきじろうさんはこう評する。

「あおやぎや生とり貝など天然の甘みたっぷりの珍しい貝を、ぜひ味わってください」

 この日のおまかせには旬の天然かつおが。『店長おまかせにぎり』4320円でした!

【店鋪情報】
水産仲卸売場棟3階 6:00~15:00

◆センリ軒

市場内の休憩スポット『センリ軒』

 大正3年から営業する喫茶店は、市場内で数少ない休憩スポット。コロンビア産のコーヒー豆をブレンドした風味豊かな『ミルコーソフトクリーム』は、豊洲への移転をきっかけに25年振りに復活した。ピザトーストやかつサンドなどの、食事メニューも人気。

 江東区・豊洲エリアのお役立ち情報サイト『とよすと』を運営しているとよすとさんはこう語る。

「口の中にコーヒーの香りが広がります。甘すぎず、食後にもイケますよ」

『ミルコーソフトクリーム』450円も人気!

【店鋪情報】
水産仲卸売場棟3階 5:00~13:00

撮影/玉井幹郎

※女性セブン2019年5月23日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス