芸能

永作博美がカフェオープン ワンオペ状態でてんてこ舞い

営業終了後、疲れた表情の永作

「お待たせしてしまって申し訳ございません! サービスで大盛りにしますし、ケーキも召し上がってください」

 厨房から出てきたお団子ヘアの女性は、額の汗をぬぐいながらそう言って頭を何度も下げた。

 都心のオフィスビル街でランチ時の飲食店が忙しいのは当たり前。5月20日にオープンしたばかりのおしゃれなカフェも例外ではない。カウンターとテーブル、計23席のこぢんまりとした店内は、午後1時を過ぎても満席が続いていた。

「店内はウッディーな内装で、手作り感あるアットホームな雰囲気でした。オープンしたてだからかうまく回せていなかったですね。午後1時に入って、ハンバーグプレートが出てきたのは注文から1時間後(苦笑)。おいしかったからよかったですが…でももっと驚いたのは、頭を下げた店長らしき女性。なんと永作博美さん(48才)だったんです」(客の1人)

 この店は、永作が主演した映画『さいはてにて~やさしい香りと待ちながら~』(2015年公開)の舞台となった珈琲店をモチーフに彼女がプロデュース。2015年に原宿の路地裏にオープンし、この5月に移転したばかりだった。

 原宿店では店頭に立つこともあったようだが、厨房に入ることはなかった。移転後は、まるで“ワンオペ状態”だった。

「ホームページではスタッフを募集していましたが、まだ適当なかたが見つかっていないのでしょう。この日は永作さんがずっとひとりで調理していました。すっぴんでキーマカレーの鍋を混ぜている姿は鬼気迫るものがありましたね。ホールスタッフも1人いたけど、まだ不慣れなようで、永作さんがテーブルのお皿まで片づけに出てきていました。

 そんな時にお店にフラッと入ってきた中年男性が“お茶だけしたいってお客さんがいるんだけど…”と永作さんに声を掛けたんですが、彼女は“今はそんな余裕ないでしょ!”とすごい剣幕で…。男性は“おれ、何もできなくてごめんね”とうつむいて帰っていっちゃいました」(前出・客の1人)

 この男性は永作の夫で映像作家の内藤まろ氏(49才)。

 永作は1989年、19才の時に3人組アイドルの『ribbon』で歌手デビュー。女優に転身後はドラマ『週末婚』や『四つの嘘』、映画『人のセックスを笑うな』などの話題作で存在感を見せ、一躍人気女優となった。仕事が順調な一方で、プライベートでは結婚の話が全く出ず、アラフォー女性にとって“負け犬の星“などといわれていたが、2009年、38才で電撃結婚した。

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン