• TOP
  • ライフ
  • 進化するカプセルホテル 東日本の快適ニューウェーブ4軒

ライフ

2019.06.28 16:00  週刊ポスト

進化するカプセルホテル 東日本の快適ニューウェーブ4軒

【hotel zen tokyo 東京(東京)】
 コンセプトは「泊まれる茶室」。千利休作の茶室「待庵(た いあん)」に想を得た館内は、伝統的な茶室のしつらえを基礎として、快適性にも工夫を凝らした和モダンな空間となっている。利用客には外国人も多いが、体格がよい人にも狭さを感じさせない、ゆったりとした設計が特徴だ。

無駄なものを一切排した茶室型のカプセルは市中の山居をイメージ。禅の思想をそのまま形にし、都会の喧騒を忘れさせる非日常の空間を作り上げる

セミダブルベッドを配した畳付きの「SAKURA」。カプセルホテルとは思えない快適性で、室内には金庫も設置されている

ホテルのエントランスにも和のこだわりが。浅草や銀座、両国などが徒歩圏内のため、東京巡りの拠点に選ぶ観光客が後を絶たない

◆住所:中央区日本橋人形町1-5-8
◆料金:1泊5000円(税込)~

関連記事

トピックス