ライフ

清の西太后 食費に1日1000万円使い70才でも白髪知らず

徹底的に若さを追求したという則天武后(イラスト/アフロ)

 史実に残る“美女”たちの食生活をのぞいてみると、そこには美貌を保つために食材や摂取法にこだわりぬいた貪欲な姿が垣間見える──。

◆則天武后 美肌は漢方で性豪はうずら酒で

 中国史上唯一の女帝となった則天武后(そくてんぶこう)は、史実では残虐な方法で後宮のライバルたちを次々と亡き者とした女傑だが、その美貌は人を惑わすほどだったという。作家・歴史エッセイストの堀江宏樹さんはこう話す。

「不老不死を掲げて徹底的に若さを追求し、高齢になっても肌つやがよく若々しかったといい、その秘薬が『新修本草』という生薬の経典に収められています。中国で古くから婦人薬として用いられた益母草(やくもそう)の粉末が使われていたそうです」

 漢方薬に詳しい、あいこ皮フ科クリニック院長の柴亜伊子さんによると、益母草には肌荒れなどの炎症を抑え、抗酸化作用もあるという。

「さらに血行促進作用もあるので、血色もよくなるでしょう」(柴さん)

 則天武后が40~50代の頃、15才に見えるほど肌がつやつやだったといわれるのは、この漢方の恩恵だったのかも。

 また強壮・強精剤でも若さをキープしていたとされ、齢60を超えて男だけの後宮をつくったり、

「武后酒」なる媚酒を酌み交わしながら性を貪ったとされる。これはうずらの肉を漬け込んだ酒。白澤抗加齢医学研究所の所長で医学博士の白澤卓二さんが説明する。

「うずらの肉は高たんぱく・低脂肪で鉄分を多く含み、貧血予防にも効果的。スタミナ食にもうってつけです」

◆西太后 山いもと黒ごまで生涯白髪知らず

生涯白髪知らずだったという西太后(写真/Getty Images)

 清の咸豊帝(かんぽうてい)の妃で、中国史上屈指の美食家と称された西太后は、72才まで宮廷で美容食を追究。日本食に通じるレシピも数多く、『歴史を織りなす女性たちの美容文化史』(講談社)の著書もある美容家のジェニー牛山さんも家庭料理に取り入れているという。

「食費は今の通貨に換算すると、1日1000万円ともいわれ、食卓には山海の珍味が100皿以上並んだといわれています」(牛山さん)

 宮廷ではアンチエイジング食などさまざまな健康食を作っていた。

「簡単な料理も多く、山いもをふかした『ふかし山いも』や油揚げで包んで焼いた『山いもの袋焼き』は、私と娘もよく作ります。

 満70才の西太后の髪はカラスの濡れ羽のようにしっとり美しかったそうですが、彼女は黒ごまも好んでいたようです」(牛山さん)

 使われる山いもと黒ごまは、女性にうってつけだ。

「山いもに含まれるジオスゲニンは、加齢で減少する若返りホルモンのDHEAと同じ働きをします。黒ごまにも若返りビタミンといわれるビタミンEが多く含まれ、ホルモン様物質が豊富で髪の老化を防ぎ健康で美しい髪を育ててくれます」(白澤さん)

※女性セブン2019年7月11日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
結婚の過程もさまざま
「結婚式の加害性」炎上騒動から何を学ぶべきか 落とし穴にはまらないための3つの教訓
NEWSポストセブン