• TOP
  • ビジネス
  • 湖池屋・キリン出身社長の「ポテチ革命」 完売続出の戦略

ビジネス

2019.07.02 11:00  週刊ポスト

湖池屋・キリン出身社長の「ポテチ革命」 完売続出の戦略

湖池屋の佐藤章社長

 ポテトチップスなどのスナック菓子メーカーとして知られる湖池屋。2016年から同社を率いるのが、キリンビール出身の佐藤章氏(60)だ。キリンビール時代から“伝説のマーケッター”と呼ばれた佐藤氏は、土俵を酒・飲料から菓子に移しても斬新なプロジェクトを次々と世に送り出している。今後のさらなる展開を訊いた。

──平成元年(1989年)当時は、キリンビールで働いていました。

佐藤:1982年の入社以来、ずっと営業畑で働いていましたが、1990年に商品開発や経営戦略などを担うマーケッターに転じました。ですから平成という時代は、そのまま自分のマーケッター人生と重なります。

 その後、自分から手を挙げてキリンビバレッジに移り、缶コーヒーの「ファイア」や、緑茶の「生茶」、スポーツドリンクの「アミノサプリ」などを手がけてきました。

 常に心がけていたのは、「付加価値」を意識したマーケティングです。競合他社と差別化できるブランドをいかに磨き続けていくか──それを考え抜いたのが、平成の時代でしたね。

──その後、2008年に再びキリンビールに戻り、2009年にはノンアルコールビールの「キリンフリー」を世に送り出した。

 2006年、福岡の海の中道大橋で幼い子供たちが犠牲になる痛ましい飲酒運転事故が起きました。それを機にノンアルコールビールの開発が始まりました。そこにあったのは「飲酒運転をなくしたい」という願いです。

 結果としてセールスにも繋がりましたが、企業にとって今後は「売り上げ」だけでなく「社会貢献」も重要となってくる―─そう気付かされましたね。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス