芸能

芸能界の香典の基本は10万円 金額がタレントや事務所の面子に

芸能界の葬式には特殊なルールが存在する

 ジャニー喜多川氏(享年87)の「家族葬」には所属事務所のタレント総勢100人以上が集まった。さらに8月には「お別れの会」が予定されている。有名人の葬儀の裏には花の並べ方や焼香の順番まで、慎重かつ入念に準備された“序列”がある。

 今年3月17日にこの世を去った内田裕也さん(享年79)も、親族だけの密葬を済ませた後、「ロックンロール葬」と題した「お別れの会」を開いた。

「堺正章らタレントが数多く参列しましたが、関係者を驚かせたのは案内状に書かれた主催者の名前です。裕也さんは個人事務所にもかかわらず、“芸能界のドン”といわれる大手事務所のトップ4人の名前が連なっていたのです。いかに裕也さんが芸能界で重要な存在だったかがよく分かりますが、それぞれの顔を立てるため、葬儀委員長、副委員長、世話人代表といった肩書きが付けられていました」(同前)

 ベテラン芸能デスクの前田忠明氏が語る。

「各界を代表する“冠婚葬祭通”が集まって、弔辞の順番、花の順番から香典の金額までを決めるのが芸能界の葬儀です。たとえば歌手であれば、芸能事務所、レコード会社、テレビ局、そして業界団体それぞれの仕切る人がいて、事前に一同に集まって段取りを決めるのです。テレビに映るのは親交あるタレントたちの弔辞ですが、その裏には実に周到な準備がある」

 会社の総務が仕切っていくサラリーマンの葬儀とは全く違う世界だ。香典の金額にも、芸能界ならではの風習がある。

関連記事

トピックス

「体力的、筋力的に落ちている」と発表
中居正広が休養期間を延長 想定外の長時間だった手術と独立後に抱えていたストレス
女性セブン
芸能界にもギャラ飲みを活発に行う女子たちがいるという(写真はイメージ/AFLO)
国民的アイドルOBやグラドルも参加 国税が「ギャラ飲みにメス」で震える芸能人たち
NEWSポストセブン
大久保で買ったというペアルックのスタジャン姿の、坂口杏里(左)と進一さん
坂口杏里、“睡眠薬横流し疑惑”を完全否定「家のどこかに置いたままです」
NEWSポストセブン
少なくない額の借金もあった志垣さん
志垣太郎さん 数千万円単位の借金、『半沢直樹』降板騒動…苦しみの晩年
女性セブン
学生時代の三浦容疑者(SNS「mixi」より)
寝た園児に「ご臨終です」虐待逮捕の元保育士 SNSには「ちびたちが大好きなやつです」
NEWSポストセブン
山崎静代と婚約相手
「南海キャンディーズ」しずちゃん(43)が結婚宣言、お相手は4歳年上で「R-1グランプリ」出場の紙芝居詩人
NEWSポストセブン
K
globe・KEIKOが新曲発表へ 小室哲哉がレコーディングに参加も“共演NG”状態
女性セブン
なぜ選手個人のアカウントに批判コメントを投稿するのか(写真前列左から2人目が吉田選手。Getty Images)
森保一監督、選手に求めた自己犠牲の精神 主張の強い海外組をまとめた「交際術」
女性セブン
笑顔で“ファン”に対応をした土屋太鳳
土屋太鳳『あぶない刑事』ロケ撮影後にファンから“一般人”扱いされるも笑顔の神対応
週刊ポスト
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
長男が明かした志垣太郎さん 急逝前日「俺は100才まで生きる」と語っていた
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
3月に亡くなっていた志垣太郎さん
稀代の名俳優・志垣太郎さん急逝の裏にあった番組降板、プライベートのトラブル
NEWSポストセブン