芸能

舘ひろし、山本五十六演じ「日本は同じ過ち重ねていないか」

山本五十六を演じる舘ひろし

 高校時代にラグビー部の主将を務め、今秋のラグビーワールドカップ2019日本大会ではPRキャプテンに就任した舘ひろし。俳優としての活躍ぶりは言わずもがなだが、昨年、主演作『終わった人』でモントリオール世界映画祭ワールド・コンペティション部門最優秀男優賞を高倉健以来19年ぶりに受賞するも、自身の芝居には控えめな口調を貫く。

 7月26日公開の映画『アルキメデスの大戦』では海軍少将時代の山本五十六を演じる。昭和8年、欧米列強との対立を深め軍拡路線を歩み始めた日本で世界最大の戦艦・大和を建造しようと画策していた海軍省に対し、山本は巨大戦艦がいかに無駄かを立証しようと考えていた。そこで目を付けたのは、元帝国大学の数学者で“100年にひとりの天才”と言われる櫂直(かいただし=菅田将暉)だった。

 数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという偏屈者を「巨大戦艦を建造すれば、その力を過信した日本は必ず戦争を始める」と説き伏せ、山本の言葉に櫂は数学の力で帝国海軍の巨大権力に立ち向かい、戦争を止めようと奮闘する。

「戦争を阻止すべく櫂という青年を引きずり込んでいく立場として、この作品では人間的で、監督曰く“人たらしの山本五十六”を意識しました。本来彼は部下想いですし、人間として非常に魅力がある。阿川弘之さんが書かれた『山本五十六』によると、真珠湾攻撃を終えてパレードをした際には新橋の芸者が並んでいるのを見つけて、彼女たちにウインクしたのだとか」

 かたや真珠湾攻撃の4日前には、親密だった新橋の芸者と銀座で逢い薔薇の花束を贈ったという逸話もある。

関連記事

トピックス

橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
『鎌倉殿の13人』にどんな類似性が?(番組公式HPより)
『鎌倉殿の13人』は実録ヤクザ映画だ 鈴木智彦氏が分析する山口組との類似性
週刊ポスト
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
まさかの起用も?(時事通信フォト)
崖っぷちの岸田文雄・首相 政権延命のため菅義偉氏を官房長官に起用するプランも
週刊ポスト
日本代表の家族もそれぞれの応援席から必勝を願った(左から真野恵里菜と由布菜月/本人のインスタグラムより)
W杯カタール大会 熱い応援で盛り上げる選手の家族&注目サポーターたち
週刊ポスト
旧統一教会の被害者救済のため献身する全国弁連(時事通信フォト)
旧統一教会を追いつめる弁護団の軌跡 きっかけとなった「200万円の大理石の壺」
週刊ポスト
上海のウルムチ路でデモは起こった
習近平主席への「中国コロナ一揆」ルポ 天安門事件以来となる“全土での抗議活動”に
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説が視聴者の心を掴んでいる理由をデータで解析(Getty Images)
「PK!」「ファール!」「イエス!」本田圭佑氏の絶叫回数は松木安太郎氏以上だった
NEWSポストセブン
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
愛子さま 会見、成年行事…成人を迎えられてからの1年を写真で振り返る
女性セブン
1980年代、役者としてデビューしたばかりの渡辺徹さん
《追悼》渡辺徹さんが闘病中、親友の茨城・古河市長に語っていた覚悟「役者は体が弱いと思われると、仕事がこないんだ」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン