芸能

新海誠、エンタメは政治やメディアの言わないことを叫べる

新海誠監督(左)と雲研究者・荒木健太郎さん(右)

 長野県の小さな町に生まれ育った新海誠監督(46才)。その両脇の町には電波天文台がある。星がきれいに見える場所だったという。季節によって見え方が変わる空を眺めて幼少期を過ごした監督が、最新作のテーマに選んだ「天気」。

 彼は天気の何を切り取り、どのように描いたのか。雲研究者・荒木健太郎さん(34才)による気象監修のもと完成した映画『天気の子』に込めた思い、人間と天気の関係を2人が語り合った。

 今の地球を生きるものにとって現在の気候変動は死活問題だが、もっと長い期間で考えてみると、天気についての考え方が変わる。たとえば作中では、ある登場人物が「異常気象と、とらえるのはあくまで人間の都合上のもので、天気には正常も異常もない」と発言する。どの立場から見るかによって姿を変える“天気”について、私たちはどう考えればよいのだろう。

新海:実際に今の気象庁が記録しているような天気の観測データは、どれくらい前から存在するのですか?

荒木:古い資料を当たって災害の規模などを調べることはできますが、観測データとして残っているのは、ここ150年くらい。作中の、「異常気象はあくまで人間にとって異常というだけ」というメッセージには「それだよ、それ」とすごく感銘を受けました。

新海:1000年や2000年のスパンで見たら、人間には関係ないところで、今よりもっと極端でものすごい雨や、想像もできないような日照りや地震が何回もあったんでしょうね。氷河期や太陽の黒点活動など、地球規模で、地質学的なスケールでの気候変動もあると思います。

荒木:ええ、そうですね。

新海:ただ一方で、今の気候変動がぼくらの活動とまったく無関係ともいえないと思うんです。ぼくたちが何かを変えてしまっている、責任みたいなものも、もっと感じるべきではないでしょうか。

荒木:人間と異常気象のかかわりについて、「無関係」と「関係」の2つの見方をしているわけですね。

新海:ええ。ぼく自身にはどちらが正しいとも判断がつきません。責任や覚悟が必要なのは間違いないですが、エンターテインメントの世界は、最大多数の幸福を是とする政治家やマスメディアが言えないことを大きな声で叫べるんです。この物語のクライマックスには、そうした叫びが登場する瞬間があります。

 帆高(ほだか)と陽菜(ひな)が走り抜けた先について賛否はあるかもしれませんが、劇場で主人公の叫びに耳を傾けて何かを感じてもらえれば、ぼくとしてはこれ以上の幸せはありません。

公開3日で興収16億円を突破した(C)2019「天気の子」製作委員会

関連記事

トピックス

公明党が不信感を募らせる背景には岸田首相の“二股”も原因(時事通信フォト)
【自公25年目の熟年離婚へ】日本維新の会と“二股”をする岸田首相への怒り 国会最終盤で公明党による“岸田降ろし”が勃発か
週刊ポスト
大谷が購入した豪邸(ロサンゼルス・タイムス電子版より)
大谷翔平がロスに12億円豪邸を購入、25億円別荘に続く大きな買い物も「意外と堅実」「家族思い」と好感度アップ 水原騒動後の“変化”も影響
NEWSポストセブン
杉咲花
【全文公開】杉咲花、『アンメット』で共演中の若葉竜也と熱愛 自宅から“時差出勤”、現場以外で会っていることは「公然の秘密」
女性セブン
被害者の渡邉華蓮さん
【関西外大女子大生刺殺】お嬢様学校に通った被害者「目が大きくてめんこい子」「成績は常にクラス1位か2位」突然の訃報に悲しみ広がる地元
NEWSポストセブン
京急蒲田駅が「京急蒲タコハイ駅」に
『京急蒲タコハイ駅』にNPO法人が「公共性を完全に無視」と抗議 サントリーは「真摯に受け止め対応」と装飾撤去を認めて駅広告を縮小
NEWSポストセブン
阿部慎之助・監督は原辰徳・前監督と何が違う?(右写真=時事通信フォト)
広岡達朗氏が巨人・阿部監督にエール「まだ1年坊主だが、原よりは数段いいよ」 正捕手復帰の小林誠司について「もっと上手に教えたらもっと結果が出る」
週刊ポスト
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
イラン大統領「ヘリ墜落死」を佐藤優氏が分析 早々に事故と処理したイラン政府の“手際のよさ”の裏で密かに進む「国家の報復」
週刊ポスト
家族で食事を楽しんだ石原良純
石原良純「超高級イタリアン」で華麗なる一族ディナー「叩いてもホコリが出ない」視聴率男が貫く家族愛
女性セブン
快進撃が続く大の里(時事通信フォト)
《史上最速Vへ》大の里、来場所で“特例の大関獲り”の可能性 「三役で3場所33勝」は満たさずも、“3場所前は平幕”で昇進した照ノ富士の前例あり
週刊ポスト
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
中条きよし氏(右)のYouTubeチャンネル制作費は税金から…(時事通信フォト)
維新・中条きよし参院議員、公式YouTube動画制作に税金から500万円支出 チャンネルでは「ネコと戯れるだけの動画」も
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
「週刊ポスト」本日発売!「官房機密費」爆弾証言スクープほか
NEWSポストセブン