国内

豊胸手術でがん発症、世界で33人死亡 問題の人工乳房は回収

今年の6月には国内でも1人、リンパ腫の発症が確認されている(写真/アフロ)

「せっかく胸が大きくなったのに、こんなリスクがあるなんて。体内に時限爆弾を抱えているようで、毎日怖いです」(42才・会社員)

「豊胸手術を受けたのは5年前。バストアップの代償として、これからがんになる可能性があると思うと、怖くて眠れない」(49才・主婦)

 過去に、ある手術を受けた女性たちの身をすくませる問題が大々的に報道された。それは豊胸手術などで、人工乳房を使った女性の一部に、特殊なリンパ腫が発症しているというニュースだ。

 米食品医薬品局(FDA)は7月24日、関連があるとみられる死者が世界で33人になると発表。また、死者以外に573人の患者を確認しているという。その人工乳房の大半を製造するアイルランドの大手製薬会社のアラガン社は当局の要請に応じて、対象製品の自主回収と販売停止を表明した。

 日本でも6月に、厚生労働省が医療機関に対して、患者に対するリスクの説明を強化するよう指示していた。

「人工乳房に限らずインプラント(人工のシリコン製バッグ)を埋め込むと、体が異物として反応し、インプラントの周りに被膜ができ、そこにリンパ腫の細胞が発生することがあるのです」(美容・医療ジャーナリストの海野由利子さん)

 日本で受けられる豊胸手術には、3つのタイプがある。人工乳房を挿入する「人工乳房バッグ」、お腹などの脂肪を注入する「脂肪注入」、ヒアルロン酸などを注入する「充填剤注入」だ。

「人工乳房バッグ」には、バッグ表面がざらざらしているテクスチャードタイプと表面がツルツルのスムースタイプがある。

 日本ではこのテクスチャードタイプを選ぶ女性が多いというが、それには別の大きな理由もある。

「アラガン社製の人工乳房バッグは豊胸だけでなく、乳がん治療後の乳房再建手術時にも用いられます。なぜなら日本で唯一保険適用されるのが、同社のテクスチャードタイプだからです」(海野さん)

 この製品が保険適用された2013年以降、国内では約4万5000個が販売されてきた。

 2児の母である田中由美さん(39才仮名)は2年前に乳がんの切除手術を行った後、乳房再建手術を受け、アラガン社の製品を挿入した。

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン