国内

豊胸手術でがん発症、世界で33人死亡 問題の人工乳房は回収

今年の6月には国内でも1人、リンパ腫の発症が確認されている(写真/アフロ)

「せっかく胸が大きくなったのに、こんなリスクがあるなんて。体内に時限爆弾を抱えているようで、毎日怖いです」(42才・会社員)

「豊胸手術を受けたのは5年前。バストアップの代償として、これからがんになる可能性があると思うと、怖くて眠れない」(49才・主婦)

 過去に、ある手術を受けた女性たちの身をすくませる問題が大々的に報道された。それは豊胸手術などで、人工乳房を使った女性の一部に、特殊なリンパ腫が発症しているというニュースだ。

 米食品医薬品局(FDA)は7月24日、関連があるとみられる死者が世界で33人になると発表。また、死者以外に573人の患者を確認しているという。その人工乳房の大半を製造するアイルランドの大手製薬会社のアラガン社は当局の要請に応じて、対象製品の自主回収と販売停止を表明した。

 日本でも6月に、厚生労働省が医療機関に対して、患者に対するリスクの説明を強化するよう指示していた。

「人工乳房に限らずインプラント(人工のシリコン製バッグ)を埋め込むと、体が異物として反応し、インプラントの周りに被膜ができ、そこにリンパ腫の細胞が発生することがあるのです」(美容・医療ジャーナリストの海野由利子さん)

 日本で受けられる豊胸手術には、3つのタイプがある。人工乳房を挿入する「人工乳房バッグ」、お腹などの脂肪を注入する「脂肪注入」、ヒアルロン酸などを注入する「充填剤注入」だ。

「人工乳房バッグ」には、バッグ表面がざらざらしているテクスチャードタイプと表面がツルツルのスムースタイプがある。

 日本ではこのテクスチャードタイプを選ぶ女性が多いというが、それには別の大きな理由もある。

「アラガン社製の人工乳房バッグは豊胸だけでなく、乳がん治療後の乳房再建手術時にも用いられます。なぜなら日本で唯一保険適用されるのが、同社のテクスチャードタイプだからです」(海野さん)

 この製品が保険適用された2013年以降、国内では約4万5000個が販売されてきた。

 2児の母である田中由美さん(39才仮名)は2年前に乳がんの切除手術を行った後、乳房再建手術を受け、アラガン社の製品を挿入した。

関連記事

トピックス

宇内アナと交際相手の男性
《腕組みラブラブ姿も》TBS宇内梨紗アナ、慶応卒「外資系イケメン」と半同棲&デート現場
NEWSポストセブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
【独占ツーショット写真】小出恵介、30代セレブ美女とNYで結婚、夫婦でペットシッター業も開始
女性セブン
千鳥ノブがオークションで5時間も品定め
千鳥ノブ、アートに高い関心 現代アートのオークションに参加し5時間近く品定め
女性セブン
ガルバサムネ
【「お尻が見える」で有名に】13歳女子中学生に接客させて逮捕されたガールズバー経営者は「未成年集めるプロ」だった
NEWSポストセブン
問題となった動画(SNSより)
【独占続報】スシロー湯呑みペロペロ少年が高校を自主退学 近所では「畑仕事の手伝いもしてくれる素直な子」
女性セブン
渋谷容疑者と妻(2006年に行われた会見)
《逮捕の一夫多妻男》女性9人・子供3人の「生活費」はどうなっていた? 供出金1人8万円、マインドコントロールの末
NEWSポストセブン
グラミー賞を受賞した宅見将典さん。(c)getty images 、撮影・Benjo Arwas
宅見将典さんグラミー賞を西城秀樹さんの妻も祝福「心より誇らしく感涙してしまいました」
NEWSポストセブン
「ムカつくしね」ともコメント(YouTubeより。現在は削除済み)
「ムカつくしね」人気YouTuberが酷評したうどん店の店主80代女性が明かした謝罪の裏側
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
車で戻ってきた渋谷容疑者と女性(2006年1月撮影)
《一夫多妻男の手口》真っ暗な部屋でマインドコントロール、黒頭巾かぶり「性行為するしかない」「地獄から救う」
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン