国内

豊胸手術でがん発症、世界で33人死亡 問題の人工乳房は回収

今年の6月には国内でも1人、リンパ腫の発症が確認されている(写真/アフロ)

「せっかく胸が大きくなったのに、こんなリスクがあるなんて。体内に時限爆弾を抱えているようで、毎日怖いです」(42才・会社員)

「豊胸手術を受けたのは5年前。バストアップの代償として、これからがんになる可能性があると思うと、怖くて眠れない」(49才・主婦)

 過去に、ある手術を受けた女性たちの身をすくませる問題が大々的に報道された。それは豊胸手術などで、人工乳房を使った女性の一部に、特殊なリンパ腫が発症しているというニュースだ。

 米食品医薬品局(FDA)は7月24日、関連があるとみられる死者が世界で33人になると発表。また、死者以外に573人の患者を確認しているという。その人工乳房の大半を製造するアイルランドの大手製薬会社のアラガン社は当局の要請に応じて、対象製品の自主回収と販売停止を表明した。

 日本でも6月に、厚生労働省が医療機関に対して、患者に対するリスクの説明を強化するよう指示していた。

「人工乳房に限らずインプラント(人工のシリコン製バッグ)を埋め込むと、体が異物として反応し、インプラントの周りに被膜ができ、そこにリンパ腫の細胞が発生することがあるのです」(美容・医療ジャーナリストの海野由利子さん)

 日本で受けられる豊胸手術には、3つのタイプがある。人工乳房を挿入する「人工乳房バッグ」、お腹などの脂肪を注入する「脂肪注入」、ヒアルロン酸などを注入する「充填剤注入」だ。

「人工乳房バッグ」には、バッグ表面がざらざらしているテクスチャードタイプと表面がツルツルのスムースタイプがある。

 日本ではこのテクスチャードタイプを選ぶ女性が多いというが、それには別の大きな理由もある。

「アラガン社製の人工乳房バッグは豊胸だけでなく、乳がん治療後の乳房再建手術時にも用いられます。なぜなら日本で唯一保険適用されるのが、同社のテクスチャードタイプだからです」(海野さん)

 この製品が保険適用された2013年以降、国内では約4万5000個が販売されてきた。

 2児の母である田中由美さん(39才仮名)は2年前に乳がんの切除手術を行った後、乳房再建手術を受け、アラガン社の製品を挿入した。

関連記事

トピックス

海外では
伊東純也「日本代表からは排除」の一方で「フランスでは活躍」 背景にある“推定無罪”の考え方
女性セブン
カメラに向かって涙ながらに告白する高橋茉莉氏
《看過できない行為あった》公認取り消し元アナ候補の高橋茉莉氏「ファーストクラス海外旅行」から「六畳一間」への転落【不運すぎる27年間】
NEWSポストセブン
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
《「ここは撮影禁止だ!」》大谷翔平をクラブハウス内で無断撮影してYouTubeに公開した韓国メディアが出入り禁止に
女性セブン
浅田美代子がパーティを開催。芸能人や元首相までが集まった
浅田美代子50周年イベントに佐藤浩市、三浦友和が登場、MISIAは生歌披露、小泉元首相も姿を見せる 藤井フミヤと小泉今日子の“まさかの2人”も
女性セブン
(写真/AP/AFLO)
《スターの素顔》真田広之「ヒロって呼んで」「それは呼べません」ハリウッド作品『SHOGUN』で大学後輩に見せた厳かな佇まい
NEWSポストセブン
4年ぶりの抽選なしの一般参賀に、天皇陛下らが揃って手を振られた
天皇誕生日の一般参賀、4年ぶり“抽選なし”で1万人近くが集まる 皇族方が笑顔で一堂に
女性セブン
宮城野親方
宮城野親方が部屋の消滅危機に! 間垣親方の代行が認められないのは「鳥取城北ルート」を断ち切る意図か
NEWSポストセブン
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
【追悼】生涯独身、山本陽子さんの恋愛観「妻子ある人を好きになって、男性に対する理想像が固まっちゃった」21才年下元恋人の早すぎる別れも
女性セブン
村山興業東京支社長・坂口を演じるメッセンジャーの黒田有(左)とスズ子のマネージャー・山下を演じる近藤芳正
【『ブギウギ』山坂コンビ対談】近藤芳正と黒田有が振り返る「趣里との出会い」「出演オファー」
週刊ポスト
木村拓哉と香取慎吾の仲
【木村拓哉と香取慎吾】不仲説のあった2人の関係性が大きく変化 急逝した「SMAPの恩人」が願っていた再集結への道
女性セブン
松本潤
【松本潤がプロデューサー】スタート社“お披露目イベント”は東京ドームと京セラドームで開催 基本構成はライブ
女性セブン
司法の判断はいかに
草津町長からの性被害を“でっち上げ”した元女性町議 「肉体関係はなかった」と虚偽発言認めた裁判は4月判決へ
NEWSポストセブン