芸能

山崎夕貴アナ「とくダネ!の生放送はいまも緊張の連続です」

『とくダネ!』に出演中の山崎夕貴アナ

 朝の人気情報番組『とくダネ!』のMC就任から1年──本誌・週刊ポストでグラビアに挑戦したフジテレビの山崎夕貴アナ。すっかり番組進行も板に付いたように見えるが、毎朝の生放送はいまだに緊張の連続だと山崎アナは明かす。

「国内外の幅広い知識が問われ、プレゼンの時間も長くて緊張します。ピークは『ヤマサキ調べました』コーナーで、どれだけ準備してもドキドキ。困った時に助けてくれるのが長男的存在の伊藤利尋アナなので、自信がない日は伊藤アナの目を見てプレゼンしています。大黒柱の小倉智昭さんは頼れるお父さん。コーナープレゼンターの笠井(信輔)アナは無邪気な人で、喩えるなら三男。お三方とも行動力と探究心が旺盛で、尊敬する先輩です」

 自身は一番年下で、自由奔放な末娘的ポジションだという。

「32歳ながら番組の若者代表なので(笑い)、世の中の流れには敏感でありたい。情報は文字だけに頼らず、体験することも大切にしています。ニュースとして取り上げる際、実感を持って話せるかどうかは大きな違いがあります。オフもアンテナを張って実のある情報をお届けしたい」 と、番組への意気込みを熱っぽく語る。

 生放送の裏側の緊張と責任感がMCとしての技量を磨き、山崎アナを輝かせていた。

「未だに緊張します!」

【プロフィール】やまさき・ゆき/1987年8月4日生まれ、岡山県出身。岡山大学卒業後、2010年にフジテレビ入社。平日朝の情報番組『とくダネ!』でMCを務める他、『ワイドナショー』『ものまね紅白歌合戦』等、数多くの番組を担当している。

◆撮影/熊谷 貫 取材・文/渡部美也

※週刊ポスト2019年8月16・23日号

関連記事

トピックス

安倍元首相(時事通信フォト)
安倍元首相国葬“出来レース入札”疑惑 加計学園問題と同じ構図だった
NEWSポストセブン
Twitterに投稿されている観客席やトイレなどに捨てられたゴミ
「RIZIN」花束投げ捨て騒動の裏に観客席でのゴミ散乱問題、会場関係者が明かした「本音」
NEWSポストセブン
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
特捜部の事情聴取を受けたという竹田前JOC会長(時事通信フォト)
五輪汚職、IOC裏工作疑惑が再燃 「元電通・元総理・旧皇族」の切っても切れない関係
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
坂本勇人の女性問題 箝口令が敷かれなくても報じない大メディア、巨人との歪な関係
週刊ポスト
映画界に大きな衝撃を与え続けたゴダール監督
ゴダール監督が選んだ「安楽死」 本来必須の「4要件」の診断は満たされていたのか
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト