ビジネス

リゾートホテル活況の沖縄 人手不足でスタッフ争奪戦も

 そのような中、リゾートホテルをはじめ都市型ホテルでも特徴的な動きが出てきた。

 ファミリー層から絶大な支持のある「ルネッサンス リゾート オキナワ」では、2019年10月から2020年5月までの間、客室、ロビー、ブッフェレストランの改修工事を行う。中でも客室は全377室のうち354室に手を入れる開業以来の大改装となり、11月から2月までは全館休業。より非日常感とリゾート感を追求する差別化により、三世代、多彩なゲストに支持される質の高いハードを目指すという。

 沖縄ならではのリゾートが本来持つ非日常感やラグジュアリー感を前面に出し、ターゲットを絞るホテルも存在感を放つ。7月20日に読谷村へ開業した「グランディスタイル 沖縄 読谷 ホテル&リゾート」は“大人限定のラグジュアリーリゾート”を謳う。「沖縄を美しくしなやかに遊ぶ」をテーマにゲストは16歳以上限定だ。併設されたインフィニティプールと“4つの食”を満喫できるレストラン&BARが大人のリゾートといった雰囲気を醸し出す。

 客室は約50平方メートル~79平方メートルで全室ツイン仕様。全54室というきめ細やかなサービスを意識した規模で、余裕あるライフスタイルの大人をターゲットにする。リゾートホテルといえば、ビーチサイドに圧巻のハードを売りにするホテルも多いが、少し奥まった立地にして、自然の風がホテルを抜けるような繊細でいてナチュラルな雰囲気に包まれているのは、沖縄リゾートホテルの新たなアンチテーゼといえるかもしれない。

大人のリゾートを謳う「グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート」

大人のリゾートを謳う「グランディスタイル沖縄読谷ホテル&リゾート」

 一方、那覇の都市型ホテルでも新たな動きが起きている。1975年の開業で、皇室をはじめ地元の政財界に利用されてきたことでも知られる「沖縄ハーバービューホテル」が「ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービュー」からリブランド、当初の名称である“ハーバービューホテル”へ戻った。

 特徴的なのは、新たなホテルのコーポレートイメージともいえるロゴに開業当初のものを採用したことだ。そもそもは米軍の将校クラブがあった場所の跡地に作られたホテル。歴史、伝統、格式というワードで往時を知る人々の間では“お帰りなさい”ムードが満ちている。

リブランドで開業当初のロゴを復活させた「沖縄ハーバービューホテル」

リブランドで開業当初のロゴを復活させた「沖縄ハーバービューホテル」

 40年余年の間にはリニューアルされたこともあったが、いまとなっては古い外観にして館内も旧さも否めず、肝心の“ハーバー”は一部からしか望めなくなった。とはいえ開業当時のロゴへ戻ったことを歓迎する声は強い。総支配人に就任した齊川慶一氏は1981年に沖縄全日空リゾートへ入社してから、主に沖縄ホテル業界をみつめてきた人物だ。

「沖縄を取り巻く環境が急激に変化し続ける中にあって、伝統と格式を誇るホテルとして地元のゲストはもちろん、多様化するお客様のニーズにもしっかり対応できるホテルにイノベーションを図っていく」(齊川氏)

 実はこのリブランドに際しては、当然のことながら宿泊予約システムの変更や、レストラン・宴会予約システムの更新に加え、ロゴをはじめとするブランドの刷新など幾多の困難を乗り越えなければならなかった。齊川氏自身陣頭指揮を執りながら運営本部スタッフの支援活動を推進、現地スタッフ協力のもと3か月で成し遂げことは奇跡的と話題になっている。人材不足に喘ぐ沖縄ホテル業界にあって、齊川氏が長年築いてきた人脈や信頼がなせる技だったのだろう。

“足りないから作る”を繰り返してきたホテル業界であるが、装置産業であり投資を続けなければならないのもまた宿命だ。果たして沖縄のホテルは、質の高い人材確保やゲスト思いの独自価値を打ち出し続けることができるか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン