スポーツ

渋野日向子のパットが入る理由 2種類の独自練習の効果は

全英を制したシンデレラガールのパットの秘密を解説(写真/Getty Images)

 全英女子オープンで日本人として42年ぶりにメジャーを制した渋野日向子(20)。勝負所で長いパットを次々決め、最終日の最終18番では7メートルの下りスライスを強気のパットで沈めて優勝を決めた。

 パットが得意なように思えるが、実は昨年まではパットが大の苦手だった。主戦場のステップアップツアーでもパーオンホールの平均パット数はベスト10に入るのがやっとだった。しかし今年はLPGAツアーで平均パット数1.7660の堂々3位。一時はトップに立ったこともあった。苦手を克服できたのは、全英で渋野のバッグを担いでいた青木翔コーチ(36)の指導が大きい。

 青木氏はまず、渋野のパターをマレット型からピン型に持ち替えさせた。渋野はフォローでフェースが開きながら外に抜けるクセがあったため、ヘッドの慣性モーメントが大きく操作しづらいマレット型から操作性の高いピン型に変えさせたのだ。意識的にフェースを閉じたフォローをすることでイントゥインのストロークとなり、球の回転と方向性が飛躍的によくなった。

 そしてもう一つ大きな効果を発揮したのが下の2種類の“ドリル”である。

【ドリル1「半径1メートル」】

 スタート前に、7m以上の3か所からカップを中心とした1mの円の中に3球ずつ入れるロングパットの練習をする。カップに入れることを目的とせず、その日の距離感の基準を作るための練習。基本的にはできるだけフラットなストレートラインを7、12、15mから打つが、機械的にならないために、距離やライなど毎日少しずつ変える。フィーリングを養うことが目的で、ホールアウト後にはこの練習はやらない。

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン