芸能

春風亭小朝 平易な語り口で大衆への落語の普及に貢献

春風亭小朝の功績は?(イラスト/三遊亭兼好)

 音楽誌『BURRN!』編集長の広瀬和生氏は、1970年代からの落語ファンで、ほぼ毎日ナマの高座に接している。広瀬氏の週刊ポスト連載「落語の目利き」より、春風亭小朝が昨年、34年ぶりに新橋演舞場で行った独演会についてお届けする。

 * * *
 日本武道館で独演会をやった唯一の落語家であり、歌舞伎座などあらゆる大ホールを制してきた春風亭小朝。昨年34年ぶりに新橋演舞場に戻り、7月と12月に独演会を行なったが、今年は6月27日に「第三回春風亭小朝独演会」を開いた。新橋演舞場は「熱海五郎一座」や劇団☆新感線の「いのうえ歌舞伎」などでたまに行くが、ここで落語を観るのは2006年の談志・志の輔親子会以来だ。

 三遊亭王楽が『紙入れ』を演じた後、小朝の一席目は『算段の平兵衛』。揉め事を解決することで生計を立てている平兵衛なる男が主役の上方落語を、舞台を江戸に置き換えて演じたもので、盆踊りの場面には鳴り物も入る。基本的には桂米朝の型に沿っていて、最後も米朝と同じく「ここからが面白いが、今日はここまで」と講談調で切る。地の部分での、脱線しながら漫談調で観客に語りかける小朝特有の平易な語り口が特徴的で、名主を殺した平兵衛が遺体を始末して大金をせしめるドタバタをわかりやすく演じた。

 二席目の『井戸の茶碗』は通常の「五十両のうち屑屋に十両、千代田卜斎と高木作左衛門は二十両ずつ」という分け方ではなく、屑屋には手間賃の二両のみ。確かにこのほうがリアルかもしれない。

 百五十両のかたに千代田の娘を高木に嫁がせる案は、屑屋が「怒らないでくださいよ」と恐る恐る切り出し、それを聞いた千代田が「あながち悪くないかもしれん。患ってからというもの、娘の先行きが案じられてならない」と受け、「娘がそなたに声を掛けたのも何かの縁」と屑屋に縁談の仲立ちを依頼する。この演出は見事だ。屑屋が「お嬢さんの似顔絵を描いてまいりました」と高木に見せると「綾瀬はるかに瓜二つ」と色めき立つのはご愛嬌。

関連記事

トピックス

石破茂元幹事長が語った(時事通信フォト)
石破茂氏、自民の旧統一教会問題に提起「党として関係断つなら、教団解散を検討すべき」
週刊ポスト
坂本勇人の女性スキャンダルをTV局などが報じない理由は?(時事通信フォト)
巨人・坂本勇人の女性スキャンダル 報じない新聞・テレビは「SNS全盛時代に通用しない」と疑問の声
NEWSポストセブン
そう簡単に延期はできない事情とは?(時事通信フォト)
大関・正代 連敗地獄の本場所後に「昇進披露パーティー」延期できない事情
週刊ポスト
さくらまやさん(写真/山口比佐夫)
さくらまや、9LDK庭付き一戸建ての豪邸で語った今「まだ男の人を好きになったことがない」
NEWSポストセブン
玉鷲
玉鷲の優勝でNHKの相撲中継に映らなかった豪華すぎる副賞 少しずつ数が減っている理由とは
NEWSポストセブン
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
50億円詐欺被害のオウケイウェイヴ前社長を直撃 民事と刑事で起こした訴訟の行方は
NEWSポストセブン
ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 旧統一教会汚染で「自民67議席減」ほか
週刊ポスト