スポーツ

東京五輪で台風直撃 数十万人単位の観客が帰宅難民の可能性

「平和の祭典」が台風で台無しに?(写真/EPA=時事)

 2020年7月24日から8月9日まで開催される東京五輪チケットの獲得競争は熾烈を極めた。一次抽選を申し込んだ総人数は約512万人で、当選者は約96万人。倍率は約5.3倍という狭き門だった。

 9月11日に結果が発表される追加抽選のほか、秋には2次抽選も予定され、こちらも大争奪戦となることは間違いない。

 しかし、先日の台風10号で山陽新幹線が終日運休となり、空の便も多くが欠航に追い込まれたように、台風で交通機関がマヒして会場に辿りつけなかったら、苦労して取ったプラチナチケットが「紙クズ」になりかねない。というのも、オリンピック憲章で、競技大会の競技実施期間は16日間を超えてはならないとい定められているため、何よりも予定の競技日程を消化することが優先されることになりそうだからだ。

 東京都の招致活動で推進担当課長を務めた経験のある鈴木知幸・国士舘大学客員教授が語る。

「組織委員会の武藤敏郎事務総長は昨年10月の会見で、台風などの自然災害によって開催が困難となった場合、チケット代の払い戻しにかかる費用に備え、高額の保険に入っていると説明しています。もし中止になれば払い戻しが行なわれます。ただし、日程変更や交通機関の遅延によって会場に行けなくなった場合では、払い戻しは受けられないでしょう」

 ちなみに、申し込みの時点から「払い戻し不可」のチケットもある。

「サーフィン競技は海のコンディションに左右されやすいため、1枚3000円と比較的安価な価格設定にし、音楽イベントなども同時に開催することで、競技自体が中止でも払い戻しされない見込みです」(同前)

 とはいえ、『せっかくチケットを買ったから』といって、悪天候のイベント会場に行くのは危険が伴う。

関連記事

トピックス

なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト
YouTubeチャンネルを開設した綾部祐二(本人の公式ページより)
ピース綾部祐二 YouTube開設も厳しい現実「ヒロミパターン」の復活はあるか
NEWSポストセブン
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
「投高打低」の理由は?(写真/共同通信社)
プロ野球はなぜ「投高打低」なのか? SB千賀は「3割打者はいなくなる」と予言
週刊ポスト
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
「週刊ポスト」本日発売! 国会議員の現物「給与明細書」大公開ほか
NEWSポストセブン