芸能

「代理出産」から16年、高田延彦&向井亜紀の双子の子が米へ

出産会見で喜びの表情を浮かべる高田と向井(2004年1月15日)

 照りつけるような太陽に、カラリとさわやかな風。8月中旬でも、ジメジメとした日本の夏とは違い、のんびりとした空気が流れている。

 アメリカの風光明媚な海岸線から車で数十分ほど離れると、住宅地に出る。その一角にある高校は寮を備え、留学生も学びやすいという。

 その平日は、高校に新入生が初登校する日だった。校舎に吸い込まれていく生徒の中に、高田延彦(57才)と向井亜紀(54才)の双子の長男・万里くん(15才)の姿があった。

「入学するには特別に高い英語力が必要なわけではありませんが、相応の学力と規律正しい生活態度が求められる。アットホームな雰囲気が特徴的な校風で、卒業する頃には“ファミリー”のような関係になります」(現地の教育関係者)

 同校の校長はこう話す。

「バンリ・タカダは今春、両親と学校に来て、面接のみの入学試験を受けました。友人家族の紹介もあったそうです」

 ただ、記念すべき入学の日に、両親の姿はなかった。高田家の知人はこう話す。

「代理母の出産で、あれだけ世間の注目を集めた双子ですから、本人たちが変に意識しないで伸び伸びと生活できるように、ご両親は本当に慈しんで育ててきました。ただ、出産の経緯もあり、2人は『日本国籍』だけでなく、『アメリカ国籍』も持っています。お子さんたちはともに、高校進学を機に両親が暮らす日本を離れ、“産みの母”の母国アメリカで暮らすことを選んだようですね」

 一体、家族の間に何があったのか──。

 1994年に高田と結婚した向井は、2000年9月に妊娠と子宮頸がんが同時に発覚し、同年11月、子宮の全摘出手術を受け、胎児も失う悲しみを味わった。出産ができない体になった向井は、戸惑いから高田に離婚を持ちかけたこともあった。

 しかし、向井は「愛する人の遺伝子を残したい」と、2002年から代理出産に挑み始める。2度の失敗を経て、3度目の挑戦で妊娠に成功。2003年11月、当時31才のアメリカ人のシンディ・ヴァンリードさんが代理母として、アメリカで双子を出産した。

 翌年1月、帰国したふたりは満面の笑みで会見を開いた。双子の写真を掲げ、《万里 結太》の名前を書いた色紙を披露した。

 夫妻の逡巡と決断や、母体になる母親のリスクなどが話題になり、日本中の注目を集めて誕生したベビーだった。

関連記事

トピックス

同級生だった岸信千世氏と岸田翔太郎氏(右)
「明るい茶髪だった」岸田首相の長男と安倍元首相の甥・岸信千世氏は「慶応大の同級生」 友人が明かす2人の「学生時代の評判」
NEWSポストセブン
地上波ドラマ出演の話が立ち消えになったという深田恭子
深田恭子“40才経験ゼロ役”地上波ドラマ出演話が立ち消えに 「合わない」と判断した理由
女性セブン
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
百恵さん次男・三浦貴大 平日は男性4人でシェアハウス、週末は恋人と半同棲状態の“気ままな生活”
女性セブン
遺体が見つかった直後の様子(時事通信フォト)
松戸市女児行方不明、DNA検査で南朝芽さんと判明 捜査員の姿が見えなくなった背景
NEWSポストセブン
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
個人事務所解散で神田正輝に引退説 「せりふが覚えられない」と俳優業をセーブ
女性セブン
牛丼を片手に、仲睦まじく歩く小出と女性
小出恵介、30代美女と牛丼店デート 2人分をテイクアウトし、長期滞在型ホテルへ
女性セブン
(共同通信社)
プーチン氏による徴兵「対象は55才まで」「脱走は懲役10年」の現実、「死亡補償ゼロ」の可能性まで
女性セブン
首相秘書官に就任した長男の岸田翔太郎氏
秘書官就任の岸田首相長男「慶応大学時代の選挙応援で教授が激怒」「SNSにワイルド写真投稿」の素顔
NEWSポストセブン
新たな”エースアナ像”を体現しているテレ朝の弘中綾香アナ
資産15億円社長と結婚で“無双状態”の弘中綾香アナを待ち受けるアナウンス室の「出世の掟」
NEWSポストセブン
身振りを交え、目尻を下げながら話す三浦貴大
百恵さん次男・三浦貴大が水卜アナ似30代女性と熱愛 そば店&カラオケデートのあと彼女のワンルームへ
女性セブン
政界から安倍家が消えるとなれば、安倍洋子さんはどう思うのか(写真/共同通信社)
安倍氏国葬に「後継候補の実兄長男が欠席」 安倍家の「断絶危機」が表面化
NEWSポストセブン
大谷翔平
エンゼルス・大谷翔平 記録的シーズンの途中での異例1年契約は「WBC出場への決意」だと識者は指摘
NEWSポストセブン