ビジネス

秋冬がピークの麺業界、「流水麺」が夏に売れるまでの30年史

夏場に大きく売り上げを伸ばしている「流水麺」シリーズ

 今年の夏は前半は涼しい日が多かったものの、8月に入ってからは全国的に猛暑となった。「暑くて、麺を茹でるのすらつらい」。そんな夏に、そば、うどん、そうめん、冷し中華、など、あらゆる麺類が火を使わずに調理できる。そうしたニーズに応えるアイデアで、発売開始から31年間にわたるロングセラー商品となっているのが、水でほぐすだけですぐに食べられる生麺、シマダヤの「流水麺」だ。

 流水麺シリーズの売上はここ5年にわたり右肩上がりが続いている(マーチャンダイジング・オン。RDS-POS調べ)。今年は長梅雨の影響で7月こそ伸び悩んだものの、8月以降の残暑で一気に巻き返し、足元の売り上げは絶好調の状況だ。流水麺の2019年3月期の販売数は過去最高の1億700万食。前期比でも20%増と急伸しているという。

「生麺・ゆで麺」のカテゴリー(JICFS分類に基づく全国ランキング)では、「マルちゃん焼そば」(東洋水産)が季節を問わず”絶対王者”として君臨するが、夏場となると様子はガラリと変わる。流水麺シリーズのシェアがそれを上回ることも多いのだ。近年、類似の後発製品も増えるなか、競合を寄せ付けず、圧倒的なシェアを誇っている。

 発売30年以上を経過して、なお伸び続ける秘密はどこにあるのか。シマダヤの商品企画を担当している曽根田直基部長と菊池祐二氏に話を聞くと、“3つの要素”における激闘の歴史が見えてきた。

◆群を抜く“ほぐれやすさ”の裏側

 流水麺を選択する消費者からすると、“手軽さ”は必要不可欠だ。火を使わず、水かスープでほぐすだけで食べられることから、小さい子どもがいて火を使いづらい主婦や、食事の支度を簡略化したい高齢者、また、単身赴任中の男性などにも人気だという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
韓国大統領・尹錫悦氏は大通りで通勤(写真/AFP=時事)
尹錫悦・韓国大統領へ北のテロ・襲撃懸念 公邸の移転で「大通り通勤」にリスク指摘
NEWSポストセブン
阿武町役場の広報担当が運営する公式YouTube
4630万円誤送金男性の弁護士、異例の顔出しNG 阿武町役場は「どのような方かわからない」、一部では「返金意志」報道も
NEWSポストセブン
2015年から着用している高級時計フランクミュラー。“師匠”志村けんさんも同時計を好んで着用していた
上島竜兵さん 志村さん、たけしら大物に愛された“子分力” 売れ続けた要因に
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
広報誌に掲載予定の記事には、被告の名前や住所が晒されている
「ネットカジノで全部使った」4630万円問題 24歳男性の説明に疑問も、税理士の見解は
NEWSポストセブン
大森南朋の笑顔を目撃
大森南朋、NHKからハリウッドまで「売れ続ける」彼が絶対にやらないこと
NEWSポストセブン
ロッチ・中岡を目撃
ロッチ中岡「ポスト出川哲朗」支えるマブダチ相方と吉本退社からの逆転人生
NEWSポストセブン
義時との間に泰時を産んだ八重(新垣結衣)/(C)NHK
新垣結衣、『鎌倉殿の13人』で演じる八重の今後は? 正室登場で最期に注目
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン