スポーツ

萩野公介 「miwaのせいで不調」の汚名返上するべく決意の結婚

miwaのために立ち上がったという萩野公介(写真/時事通信社)

 金メダリストが再浮上のきっかけとなる幸せをつかんだ。日本男子競泳の萩野公介(25才)とシンガーソングライターmiwa(29才)が今秋に結婚することが1日、明らかになった。miwaは妊娠中で、12月にも出産予定。ダブルのオメデタとなる。音楽関係者が話す。

「ふたりは2016年10月にテレビの仕事を通じて出会い、翌2017年から交際をスタートさせました。萩野さんはもともとmiwaちゃんの大ファンだったので、本当にうれしそうでした」

 萩野にとってここ数年は競泳人生でどん底の時期だった。2012年ロンドン五輪は現役高校生ながら、いきなり銅メダルを獲得。続くリオ五輪は金、銀、銅と3つのメダルを獲得。「北島康介以来の天才」「和製マイケル・フェルプス」と呼ばれて、水泳界にとどまらず全競技の中での「東京五輪のエース」と期待されるようになった。

 しかし、不運はリオの前年、自転車での転倒で右ひじを骨折した時から始まった。ひじの可動域が狭まり、萩野にとってリオ五輪での金が1つというのは、最低の結果だった。リオ後に右ひじを手術したが、以前のように記録を更新する姿には戻れなくなった。

「萩野さんは相当焦っていました。同い年のライバルたちは明らかに成長し続けていましたから。リオで完勝したチェイス・カリッシュ選手(25才=米国)には、翌2017年の世界選手権で、200mと400mの両個人メドレーで完敗。幼少時から常に勝ち続けていた瀬戸大也選手(25才)にも追い抜かれると、自らの泳ぎを完全に見失うまでに地に落ち、心が折れてしまったんです」(水泳関係者)

 そんな萩野が再び奮い立ったのは、miwaへの汚名返上があるという。

関連記事

トピックス

雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン
小倉優子が勉強
小倉優子、密着番組リニューアルでも猛勉強継続 早稲田大学以外も受験予定
女性セブン
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
長井秀和が語る“創価学会芸能人あるある”「選挙の時だけ顔を出して小遣いを稼ぐ」
女性セブン
人目を忍ぶような変装姿で帰途に就く篠田麻里子
【スクープ】篠田麻里子「半年も2才の娘と会えてない!」夫と泥沼全面戦争
女性セブン
熟年離婚していた山川豊
山川豊「自分はワンルーム、妻は豪邸」演歌界屈指の人格者、太っ腹な熟年離婚していた
NEWSポストセブン
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
サッカー日本代表選手 躍動を支えるパートナーとの幸せあふれるショット
女性セブン
秋篠宮の胸中とは(時事通信フォト)
秋篠宮さま、誕生日会見で小室さんに関して「ゼロ回答」 眞子さんとの溝は修復困難か
女性セブン
元気いっぱいの駅前チアガールは、毎週月曜と木曜の朝に新宿駅や池袋駅、後楽園駅や新橋駅、横浜駅などで活動する
朝8時の駅前チアガール 誰に頼まれたわけでもなく通勤・通学の人々を励ます
週刊ポスト
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
長井秀和が語る、創価学会芸能部「芸能人は客寄せパンダのような存在です」
女性セブン
アントニオ猪木さん
アントニオ猪木さん、遺骨をめぐり“親族バトル” 娘は「猪木家の墓」への分骨を拒否
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
ポーズを決める丸山容疑者
「女性を見極めるポイントは尻、足」妻殺害容疑の長野県議“女好きインタビュー”の全貌 逮捕後に即削除
NEWSポストセブン