• TOP
  • ライフ
  • 白内障かも…と検査した84才認知症女性、視力はなんと1.0

ライフ

2019.09.09 07:00  女性セブン

白内障かも…と検査した84才認知症女性、視力はなんと1.0

認知症でも若者より健康な部分もある(写真はイメージ)

 父が急死したことで、認知症の母(84才)を支える立場となった女性セブンのN記者(55才)が、介護の裏側を綴る。

 * * *
 友人の義母が転倒し、骨折したと聞いて心配していたら、なんと白内障だったと判明。視力の衰えなど目の不具合は、本人は気づきにくいもの。母は年1回の長寿健診で診てもらっているが、定期的なチェックが必要だ。

◆「よく見えていない」が転倒の原因になることも

「お義母さんが自宅で転倒して、救急車で運ばれたのよ。いつも、何をするにも慎重でスローな人なのにねぇ」

 そう電話してきたのは私と同年代の友人。近距離の別世帯で70代後半の義父母を見守っているが、2人とも認知症や重い持病がないせいか、彼らの健康状態には少々無頓着。初めての救急搬送騒ぎに、友人の方が興奮気味だった。

 幸い手首の骨折だけで済み、のんきに皮肉を言っていたが、「骨折からの寝たきり」という高齢者の一大リスクと背中合わせだったことも確かだ。

「義母が『なぜ転んだのかわからない』と訴えると、医師が『ちゃんと見えてますか?』って。それで調べたら白内障だったのよ。それも結構、進んでいるらしくって…。見えていないこと、自分で気づかないのかしら?」

 この話を聞いて思い出したのは、母も独居が始まった頃「ガスコンロの火が見えない」と、よく前髪を焦がしていたことだ。介護ビギナーだった私は、チリチリの母の前髪にも腰を抜かしたが、認知症も激しく悪化していたから、失敗の言い訳だろうと高をくくっていた。母の目より、火事になることの方が心配で、転居先探しに奔走していた。

◆高齢になったら定期的に眼科検診を

関連記事

トピックス